湘南辻堂ボクシング倶楽部@ゴールドジム湘南神奈川

普通、湘南辻堂といえばサーフィンだよね。小ブログはゴールドジム湘南辻堂でひたすら汗を流す中年ボクサー達のうだうだ話!

俺流

2017年06月19日 | 日記
ライナーつまんねえ。
とはいえ、本を読むのは面倒だし、寝らんねえし。
なんか書こうっと。


自分が出ない試合の観戦は、ネタを探すのもひとつの楽しみです。


でも何だろ、昨日はあまりネタが見つからなかったっすね。
ガテン系ががいたくらいっすか?
別に面白くねえし。


ジムも全然行ってないから、ジムメイトは全然わからんし。


エイワジムは凄く綺麗だけど、にほひが少しね。
隣のラーメン屋のにほひかな?
隣にいた女性に、
「俺がクサイのかな?」と聞いてしまったくらい。
確かにクサイけど、私のにほひではなかったっす。


そういえば、「ブログいつも見てます。」って言われましたね。
でも、「朴竜文庫」のファンらしいっすよ。

悔しいから、私もコアなファンがつくような企画モノを考えよう。
ちなみに、私のファンは今のところNNさんだけ。多分。
2年くらい会ってないけど。


「じょび流会計学」
これ、多分わかりやすいっすよ。ただ、あるレベルにくるとじょびでは手に負えん。それは会計士に聞いて下さい。


「じょび流ギター奏法」
これはね、変な弾き方すると朴竜さんに怒られるんす。じょび流の確立はムリなんで、それは朴竜さんに聞いて下さい。


「じょび流城の楽しみ方」
これは候補になりそうです。
天守閣からの眺めは、当時の街並みを妄想しろ!としかじょびは言えないので、それは田村淳に聞いて下さい。


「じょび流ロードワーク」
タバコを吸って心肺機能はプラマイゼロ。じょびはタバコやめられないので、それはNNさんに聞いて下さい。


「じょび流余興」
結局、じょびのマイクが入っていないので、それは担当者に聞いて下さい。


「じょび流柴田恭兵」
意味わからないけど、じょびは銃を持って走ると柴田恭兵になるよ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タフネス〜弱気な僕〜 | トップ | おはようございます! »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぼ)
2017-06-19 23:25:46
ありがたいねー
よく見てみたら朴竜文庫
半年くらいアップしてないね。
是非読んで、あーだこーだ話したい本はたくさんありました。

今度、その辺りに腰掛けながら色々本の話で盛り上がりたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL