湘南辻堂ボクシング倶楽部@ゴールドジム湘南神奈川

普通、湘南辻堂といえばサーフィンだよね。小ブログはゴールドジム湘南辻堂でひたすら汗を流す中年ボクサー達のうだうだ話!

IWAROCKSとともに2

2017年07月11日 | 日記
「初戦」


IWAROCKSの記念すべき初戦。
この試合を初戦と位置づけるのは、多くのメンバーが反対した。
私も反対だ。

この試合で集まったのは、当初の予定を上回る11人。
IWAROCKSの解散時まで残った8人のうち、この試合には私を含めて4人しか参加していない。

試合30分前に集合し、キャッチボールをして選手の実力を測る。
愕然とした。
戦術なぞ授けることもできない。
トスバッティングだと言ったのに、思い切り打つ輩だらけ。

仕方ない。みんな野球が好きなのだ。
野球を知らないだけなのだ。

私を投手、後は遊撃手と一塁手に実力者を配置し、試合に臨んだ。
草野球は対戦チームと合意のもと、9人超でも打席に立てる。
つまり、11人全員が打席に立ったが、かえって実力者に打席が回る回数が減るので、戦術的には失敗だ。
しかし、参加してくれたメンバー全員に機会を与えないと申し訳ない。

ちなみに、女子選手は外野の頭を越す長打を放った。
守備は厳しいが、打撃はかなりいける。
想定通り使える。
ベンチでは声を出し、裏方の仕事もこなしてくれている。


試合は当然ながら大敗を喫したが、チーム発足ということで、打ち上げを行なった。
私はこの場で、しばらく試合は控えて練習を行うことを提唱。

「下手でも構わない。でも、対戦相手もあることだし、ちゃんとポジションも決めて練習しよう。トスバッティングからやらないと。」
もちろんポジションはやりたいところ優先で考えていた。
それが叶わなくても、必ずどこかのイニングでそこを守らせることを考えていた。


賛成したのは、解散まで残ったメンバーのみ。
下手なくせに、試合だけやりたいという謙虚さのない連中だった。

「わかった。また連絡する。」


この後、私が連絡したのは、私の意見に賛同した3人。
私を含めて4人がIWAROCKSの初期メンバーと位置づけることにした。


また出直しだ。
メンバー集めかぁ。
億劫になったが、意外とメンバーが集まった。

そして第2戦。
その間の練習は3回。
たった3回の練習ではあったが、IWAROCKSは大きく飛躍する。
そう、この試合こそが初戦なのだ。


いつかにつづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イズミントレーナーありがと... | トップ | おはようございます! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事