湘南辻堂ボクシング倶楽部@ゴールドジム湘南神奈川

普通、湘南辻堂といえばサーフィンだよね。小ブログはゴールドジム湘南辻堂でひたすら汗を流す中年ボクサー達のうだうだ話!

IWAROCKSとともに1

2017年07月08日 | 日記
「発足」

2005年プロ野球界に新球団が誕生した。
東北楽天ゴールデンイーグルスだ。
1からプロ野球球団が発足するってのを初めて目の当たりにした時、突如として閃いた。


「そうだ、俺も野球チームを作ろう。俺はオーナー兼監督だ。」

この時点で私は選手として野球をやろうとは微塵も思っていない。
たまに守備固めで出ればいいかな程度。


そうと決まれば、私の戦術にハマりそうな選手たちを集めるだけだ。


まずは、かわいがっていた女性。彼女は6年くらい年下だった。
ソフトボールでエースとしてならした経験があり、気立てが良いのでマネージャーもできる。
パワーは明らかに私よりある。
割と気が強いので、私に意見も言える。
そして、野球経験者だという彼氏もいるわけで、一気に2人のメンバーが決まった。参加の有無を問う必要もない。

次に小学生時代に1、2塁間でコンビを組んでいた友人に声をかけた。
「面白そうだけど、まだ結婚したばかりで落ち着かないので、スグに返事はできない。」

これはマズいことになった。前述の2人は戦力として未知数だが、彼は計算ができる選手。
そもそも私だって新婚なのだ。野球くらいやろうぜって感じ。
はい、こっちから願い下げ。


次に、会社の野球サークルで同じ年で気があった男に声をかけた。彼は2年前に退職している。
「横浜でしょ?俺青梅だから正メンバーとしては期待しないで。」

これも痛い。この男の戦力は、私が知っている中でナンバー1。
そもそも居住地というのは計算に入っていなかったのだ。
でも何だかんだ来るだろう。
後で妻の友達でも紹介すれば良いんだ。


面倒なので、ここからは結構省略します。


後は思いつくかぎり片っ端から声をかけたり、ネットで募集をかけてみたりした。
その間、会社の野球サークルで不要となった備品を譲り受け、ついでだからそのことを野球サークルに掛け合ってくれた先輩もメンバーに引き込んだ。

そして、グランド予約が面倒なので、対戦相手を募集しているチームに試合を申し込んだ。
実はこの時点で9人揃っていない。


応募したチームから返答が来た。

いきなり試合が決まった。
2週間後だ。


3日前、とりあえず7人。
後2人だが、それだと私も試合に出なければならない。だから後3人だ。
しかし、初陣だから構わない。

2日前、ネットで応募があり、即採用。ついでに友達にも声をかけてもらいメンバーが揃った。



いつかにつづく



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます! | トップ | こんにちは! »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぼ)
2017-07-09 11:01:51
アストロ球団
みたいだな。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL