つい昨季まで



たられば、つまり2本のポスト、1本のクロスバーに弾かれたシュートが入っていたとしても、最終的には大きな差を感じずにはいられないゲームだったということ。

つい昨季まで同じカテゴリーでしのぎを削っていたとは思えないほど、差は歴然だった。お互いリーグ戦とはメンバーのほとんどを入れ替えていたにしても。
JJ2でトップを走っているクラブとJ1で上位を狙う位置にいるクラブとの差を実感したのである。


でも、天皇杯とはいえ、やられちゃったとはいえ、久々の観戦は楽しかったなぁ。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« はっとするサブレ 瓜バー »
 
コメント
 
 
 
同感でした (のり@藤沢)
2017-07-14 11:18:59
その通りの試合でしたね。
でもちょっと前を考えたら、随分幸せな「差」でもあります。クラブもサポーターも、まだまだ頑張る余地もある訳で。
 
 
 
ゼイタクですね (湘南折り畳み自転車男)
2017-07-14 11:24:28
のりさん、ありがとうございます。
たしかに幸せな「差」ですね。でも、試練というより、この道のりがわくわくしてくるからありがたい(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。