あい盛りとご飯の問題



休みの日は一人で実家へ行って、老父母の相手をする。
買い物、病院、お昼を一緒に食べる、夕飯をつくるなどなど。今日は植木の剪定も(笑)。

父親は年の割には胃が丈夫なのかカツ丼が大好き。今日も「かつや」で「海老・ヒレ・メンチかつ丼」を、僕は期間限定の「ビーフ・ポーク テリマヨ合い盛りカツ丼」(853円)を買って帰った。

ネーミングにひかれて頼んだが、これがなかなかヘビー。ポークとビーフ(ミルフィーユ状)のカツが重なりあっている。4切れほど食べないとご飯が出てこない(笑)。出てはきたけれど、上物に比べて少量でバランスが悪い。だけど上物だけでもかなりあるので、それだけでお腹がいっぱいになってしまった。ご飯を大盛りにしなくてよかったのか、悪かったのか。

よくわからなかったので、もう一度食べて今度はしっかり検証してはみたい(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 乾かない距離 フルーツさん... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。