鯵迷わず2個買い



平塚駅の改札を入った正面に並んでいる売店の左側は、長らく「東華軒」だった。小田原市に本社のあるお弁当屋さんで、ここが国府津駅で売った握り飯こそ東海道線で初めての駅弁だといわれている(と記憶している)。

それが、あれっ店構えが変わったなと思ったら、いつのまにか「大船軒」になっていた。

これまでは平塚以西の駅が「東華軒」、隣の茅ヶ崎以東が「大船軒」のお弁当を販売していたのだはずだが。

で、気になって棚をみたら、もっと気になる商品名を発見した。

「鯵マヨ」

迷うことなく購入すると、おにぎりの具は想像通り「鯵の押し寿司」の切れ端であった。
ただし、単にツナマヨのツナがアジにとって変わったというわけではない。そう、「鯵の押し寿司」はアジを酢で締めてあるわけで、スッパイのである。ツナマヨのつもりでガブリとやると、ちょっと驚いちゃうのだ。

でも、これがなかなかうまい。もちろんおにぎりなのでご飯は酢飯ではない。そのバランスがなんとも楽しいのである。そうか、そうか、そうだよなと確かめなら、あっというまに食ってしまうのである。

そこで、今日は2つ買って、そうか、そうか、そうだよなのあっというまを2回堪能した(笑)。



さて「東華軒」にも「子鯵の押し寿司」弁当は存在したが、たぶん「子鯵マヨ」おにぎりはなかったと思う。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ロケ地巡礼 夕暮れグラデ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。