伊東良徳の超乱読読書日記

読んだ本の感想を中心に本に対するコメントを書き散らします。読み終わった本は図書館に返すのでフォローは保証できません。

メガロマニア

2009-09-25 23:12:44 | エッセイ
 マヤ文明とインカ文明を扱うNHKスペシャルの企画に合わせた出版のために遺跡めぐりをして書いた紀行文。
 マヤ文明やインカ文明についての蘊蓄や遺跡のガイド的な説明はあまりなく、どちらかというとあまり詳しくない素人の立場で、行ってみて感じたことを個人的な感性で書いた旅行エッセイという感じです。写真はそれなりに挿入されていますが、観光ガイド的ないかにもの写真はほとんどなく、文章を読んでいてここは写真が欲しいというところを写真で押さえているわけでもなく、やはり著者の趣味的な入れ方だと思います。
 私は、マヤ文明とかインカ文明とかわりと興味を持ってるので、もう少しガイド的な写真を写実的な説明文が欲しかったのですが。
 遺跡めぐりのハイライトのマチュピチュを訪れた著者が、「神秘の場所、深遠な謎に満ちた古代文明を実感しなければ」と焦りながら、「写真通り。本で見た通り。そんな感想しか頭に浮かばなかった。」「古代遺跡の中にいるというよりも、やはりよくできたテーマパークの中で、スタンプラリーに参加しているという気分になってくる」(223ページ)というあたりの率直さというか投げやりさ加減はちょっと微笑ましく思えましたけどね。
 いくつか挟まれている「プロローグ」と題するファンタジーは、幻想的な雰囲気を漂わせるものの、本の性格をより中途半端にしてしまうように感じました。


恩田陸 NHK出版 2009年5月30日発行
『本』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルポ産科医療崩壊 | トップ | 天国の郵便ポスト »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
メガロマニア-あるいは「覆された宝石」への旅 〔恩田 陸〕 (まったり読書日記)
メガロマニア―あるいは「覆された宝石」への旅日本放送出版協会 2009-05売り上げランキング : 84353おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 恩田陸の誇大妄想がインカ・マヤの地を疾走する。 カラー写真全50点著者撮り下ろし。 (BOOKデータベー...
メガロマニア-あるいは「覆された宝石」への旅- (今日もホン日和)
四つ角の隅で少年が二人、腕を上げ下げしている。 地面を見つめながら腕を直角に曲げ