伊東良徳の超乱読読書日記

読んだ本の感想を中心に本に対するコメントを書き散らします。読み終わった本は図書館に返すのでフォローは保証できません。

片桐酒店の副業

2013-05-14 22:58:44 | 小説
 父親が「困ったときのまごころ便」と称して酒屋の副業として始めた配達屋を、父の死後引き継いだ陰のある無口な中年男片桐章が、困った配達依頼に対応していく様子を描いた短編連作形態の小説。
 第1章だけが片桐酒店で短期のアルバイトをすることになった貧乏学生丸川拓也の視点から、その他は片桐酒店の店主片桐章の視点から語られています。第1章を書いた後片桐章の内心描写を展開しようと気が変わったのか、とりあえず第1章でアウトラインを客観的な視点で紹介しておきたかったのか、最後に「書下ろし」と書かれているだけに、読んでいてちょっとあれっと思います。
 会社員時代に、親友となった同僚にちょっとした嫉妬心から押しつけた業務が親友の死につながり、罪悪感にうちひしがれ心を閉ざす片桐章の苦悩からの再出発が、全体を通した軸となっています。アルバイト学生拓也と店番のフサエの軽妙なやりとりが、その重苦しさをカバーしていると見るべきか、アンバランスと見るべきか。
 登場する人物の中で、突出した重苦しさ・暑苦しさを感じさせる原陽子と安居課長は第3章限りの登場ですが、その後どうなったんだろうと気になるような聞きたくないような…


徳永圭 新潮社 2012年6月20日発行
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイムデザイン | トップ | デキる男の正解美容 誰も教... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新作はオフィスラブ&お仕事小説~ (etude)
2014-04-24 01:27:09
徳永圭さんの新作『その名もエスペランサ』を読みました。
生き方小説だなんて大げさな宣伝文句でしたが、ま、感じのよい奮闘記&オフィスラブですな。
作者の派遣体験をふくらませているんですかね?派遣のプロを目指すなんて、かなり時代遅れな感じ。

ttp://birthday-energy.co.jp/ってサイトは徳永圭さんのことを気分転換が苦手、他人と違う生き方が似合う なんて書いてましたよ。ちょっと変化球な視点のコラムをぜひ読んでね♪
「ハレる運命2014」も配信中!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。