伊東良徳の超乱読読書日記

読んだ本の感想を中心に本に対するコメントを書き散らします。読み終わった本は図書館に返すのでフォローは保証できません。

セカンド・ラブ

2011-02-28 18:50:14 | 小説
 清楚で上品な大学院生内田春香と、乳児期に生き別れた一卵性双生児だというホステス半井美奈子との間で、春香との交際を続けながら春香の出生の秘密を美奈子から聞かされた上で美奈子とも関係を持ってしまい、思い惑う工員里谷正明の心の揺れを描いた恋愛小説。
 春香と美奈子の関係、出生をめぐる秘密がミステリー仕立てになっています。
 私には、読み終えてみても、春香が正明に対して取った行動の意図は理解できませんでした。そして、このような経験をした正明が春香と結婚を決意することも理解できませんでした。私だったら、すべてを知った後で春香と結婚する気には、とてもなれないと思います。
 謎解き部分も含めて、そういうストーリーはありとしても、どこか納得できない居心地の悪さが残り、読後感がすっきりしませんでした。そう感じるのは、中年のおじさんの視点から見るからなんでしょうか。


乾くるみ 文藝春秋 2010年9月30日発行
「別冊文藝春秋」2009年11月号~2010年9月号
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県立コガネムシ高校野球部 | トップ | 西方之魂:ウェストサイドソウル »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2011-03-01 12:55:38
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
セカンドラブ (ごま)
2015-06-12 14:55:56
春香と正明は結婚していませんよ。結婚したのはハラモクの先輩とです。
ですが、春香がなぜそんなことを正明にしていたのかは謎でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
セカンド・ラブ/乾くるみ (本と映画、ときどき日常)
今回はそうきたか~。 『イニシエーション・ラブ』の衝撃、ふたたび この帯通り、まさに再びでした。 もうこの乾くるみはプロット作家です。 ラストの衝撃のためにそれまでの300ページがあるようなものです。 女に弄ばれた男のお話?(笑 読み終わった後、やっぱ...