伊東良徳の超乱読読書日記

読んだ本の感想を中心に本に対するコメントを書き散らします。読み終わった本は図書館に返すのでフォローは保証できません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クスリを飲まずに、血圧を下げる方法

2017-11-14 01:12:31 | 実用書・ビジネス書
 患者が勝手な判断で薬をやめてはいけない、あくまでも医師と相談しながら薬を減らせという前提の下で、減塩と運動で高血圧を改善しようと論じる本。
 血圧についても、減塩についても、一般に言われているよりも厳しいライン(高い目標)を要求していて、著者の言うとおりにしたり、それで医者の手から逃れるのは厳しい印象です。人間ドック学会が高血圧の判断基準値を上げた(高血圧と評価される人を減らした)のを厳しく批判し(114~115ページ)、第5章(102ページ~)では、高血圧の恐ろしさをこれでもかこれでもかと書き立てています。医学界の基準ではたいていの人が何か不健康な要素を抱えている(医者に行けって言われている)ように思えてしまいますが、それがより高じた感じです。「私にいわせれば、血圧を測らない人は『人生を捨てているようなもの』です」(30ページ)って、そこまで言うか?
 生活習慣で、正座が血圧を上げる、和式便所も同じ(78~81ページ)というのは、意外でした。「ご自宅のリフォームを考えるなら、まずトイレを洋式にしましょう」(81ページ)って、医者に言われるか・・・ふくらはぎは下肢の静脈を圧迫してポンプのように血液を心臓に送り出す役割を持っているのでふくらはぎを刺激すると血圧を下げることができるそうです(97~99ページ)。そういうところは、へ~って感心しましたが。


渡辺尚彦 健康人新書(廣済堂出版) 2016年4月27日発行
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

口述労働組合法入門

2017-11-05 23:12:19 | 実用書・ビジネス書
 日本鋼管(現JFEスチール)の労務担当としてもっぱら会社の利益を代表して労働組合と対応し、特定社会保険労務士となっている著者が、使用者側の立場で労働組合法について解説した本。
 労働組合法の解説に関しては多くの部分ではオーソドックスな説明ですし、紹介している判例も一般によく知られているものを使用者側に不利なものも紹介してバランスを取っています(労働組合に加入していない/除名されたとか脱退した労働者を会社は解雇するという「ユニオン・ショップ協定」が別の労働組合に加入した者や自ら新たな労働組合を結成した者に対して解雇義務を定める部分は無効とした判例として三井倉庫港運事件・最高裁1989年12月14日第一小法廷判決を紹介している(69~70頁)こと自体は、オーソドックスなものですが、著者の立場を考えると、その7日後に最高裁が同じ判断を示した日本鋼管事件の判決に触れないのはどうかなと思いますけど。労使協調の第一組合と方針が違うとして総評系の組合に移籍した労働者を日本鋼管が労使協調の労働組合とのユニオン・ショップ協定を理由に解雇したが、それが無効とされたという事件には触れたくないということなんでしょうね)。
 しかし、説明の中でも、また挟まれている「労務屋の横道」というコラムでも、度々戦闘的な労働組合を批判し、労働者のためにもならないとこき下ろし、労使協調の労働組合を高く評価している下りが目につきます。著者は、労使協調路線の労働組合との対応の経験で、「労働組合のことを思って労働組合の役員の方に諸々アドバイス」してきたが「専ら、よりよき労働組合になってもらいたい、立派な労働組合の役員になってもらいたいという気持ちから」で「組合を誹謗中傷する意思も組合弱体化を意図したことも一切ありません」として、「皆さん、こういう労使関係は労働組合法違反でしょうか?」と問いかけています(250ページ)。経営者側は、いつもそう言うんですよね。著者はそのすぐ前に、「家族経営でうまくいっている」と考えるワンマン経営者について「でも、そのように思われているのは、社長さん、あなただけではないですかといいたくなることもあります」と釘を刺している(243ページ)のですけど、人間、自分のことは見えなくなるものですね。
 労働法の体系上、多数派労働組合と労働協約を締結すればそれによって労働条件を切り下げることができます。その労働組合が労働者の4分の3以上を組織していれば、非組合員に対してもその労働条件切り下げが適用できます。使用者からすれば労使協調の闘わない労働組合を育成し手名付けることができれば、労働条件の切り下げもやり放題です。労働者にとっては使用者の言いなりになる労働組合はむしろ敵とさえ言えます。近年、使用者側で、労働法のこういった点を利用し、使用者に対して、労働組合を敵視するのではなく、うまく利用しようと呼びかけるものが増えています。この本もそういう立場から書かれています。著者が度々労使自治の尊重をいうのも、労使協調路線の労働組合が権利を放棄して使用者にすり寄るのを規制して無効というのはけしからんということに尽きます。
 「はじめに」で「労働組合頑張れとエールを送りたい」(2ページ)などと、労務屋に見くびられていることが、この国の労使関係の現状をよく反映していると言えるでしょう。


小西義博 公益財団法人日本生産性本部生産性労働情報センター 2017年5月31日発行
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

労働基準監督署の仕事を知れば社会保険労務士の業務の幅が広がります!

2017-10-22 18:45:52 | 実用書・ビジネス書
 元労働基準監督署長で、現在は退官してコンサルタントの著者が、社会保険労務士向けに労働基準監督署の業務の実情を解説する本。
 労働基準監督署は、労働基準法違反や労働安全衛生法違反をしている使用者に対して、違反を調査して指摘し、是正を指導・勧告するという権限と職責を持っています。私のような労働者側の弁護士の立場からすれば、労働者の権利を守るための重要な存在で、特に弁護士費用をかけたくない労働者、裁判を行いたくない労働者には、もちろん労働基準法違反があるケースについてですが(したがって、解雇等の相談は無理)、労基署に相談・違反申告することを勧めることもままあります。
 しかし、この本を読んでいると、労働者の権利を守るという姿勢からはずいぶんと遠い様子に驚きます。労基署から「長時間労働の抑制・過重労働による健康障害防止の自主点検結果報告書」の提出を求められた事業主に対する社会保険労務士の対応として、回答しないと立ち入り検査が入ることも多いから報告書は出した方がいいというのはいいですが、法違反があるときの回答内容については「あまりにも違反の程度がひどい場合には、多少粉飾するという考え方もあるね。」と、虚偽回答を勧めています(19ページ)。労働者が交通事故を起こして会社が損害を受け労働者が退職する場合にそのまま退職することを許す事業主はまれであり弁償するまで残りの賃金を支払わないからなとなることもある、「もちろんこれも労働基準法違反ですが、弁償の話を棚上げして労働基準法違反を説いても、事業主は納得しないでしょう」(62ページ)って・・・交通事故のような場合、そもそも労働者への損害賠償自体制限的に見る裁判例が多いですし、会社が損害賠償請求できる場合でも賃金から差し引くことは労働基準法24条違反です。使用者の明確な労働基準法違反を、使用者を責めずに労働者が悪いと言わんばかりの対応を容認する本を労働基準監督署長だった人物が書いているのは、それこそが到底納得できません。さらにこの著者は、経営者が賃金を支払わないときは経営不振でもない限り労働者に何らかの非難すべき事情があることが少なくない、このような事情を丹念に聞き出そうとしない職員は信用できません(62ページ)、「『どうしてクビになったのですか?』と聞くと、『わからない』と答える労働者がいます。こうした態度は、筆者の経験では『私が会社に対して悪いことをしでかしてしまいました』と同じ意味です」(65ページ)と、基本的に労働者は悪いやつだという先入観を持って労働基準監督行政を行ってきたことを露わにしています。こういう人が労働基準監督署長だったというのを知ると、労働基準監督署に期待をすることはできなくなります。また、労働者が資格を取ったり留学するための費用を会社が出したとき、労働者がすぐにやめたらその費用を返せと会社が言うことがありますが、それは違約金の定めまたは損害賠償額の予定として労働基準法16条違反となる可能性があります。現に裁判でそう判断された例があります。会社側はそれを回避するために、留学費用や資格取得費用を会社が負担するのではなく貸し付けたことにするという姑息なやり方をするようになってきていますが、労基署がそういうやり方をするように指導しているというのです(71ページ、117ページ)。労基署は労働者の権利を守って会社の労働基準法違反を指摘するのではなく、会社の利益を守るためにまるで会社の顧問弁護士のように労働基準法をすり抜ける道を指導しているということでしょうか。


村木宏吉 日本法令 2017年3月20日発行
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親権と子ども

2017-10-08 22:26:59 | 実用書・ビジネス書
 親権の内容と性質、離婚の際の親権者の決定、監護権者の指定、養育費、面会交流、虐待と親権(親権の停止、喪失)について解説した本。
 親権は、権利とされていますが、2011年改正で「親権を行う者は、子の利益のために子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う。」とされたように、子どもの養育される権利がその本質で、親にとっては子に対する義務の側面が強く、子の監護や教育に対して不当に介入する者(国や社会)に対して介入を拒む(排除する)権利という点で権利性を有するものです。
 離婚の際の親権者の決定や監護権者の指定、面会交流等では、「子の利益を最も優先して考慮しなければならない」とされています。少子化を反映して親権や面会交流が争われるケースが増えていますが、親権者が母親となるケースは今なお増え続けていて2015年には母親が親権者となった割合は84.3%に及んでいます(78~79ページ)。無原則な「母親優先」に批判がなされ、父親が親権を求めて争うケースが増えている中で、母親が親権者となる割合が増え続けているのはややショッキングでもあります。
 親権と虐待についての第3章は、虐待を繰り返す父母に対して児童相談所が子どもを保護し里親に委託する事例を紹介しています。このあたり、自戒を込めてではありますが、確かにここで挙げられているケースを読めば、虐待に心が痛みこのような親から子を保護するのは当然だと思いますが、現実の事件では「客観的事実」が明確とは言えず、行政側がそう認定したといってもそれがどこまで確実なのか、権力の行使を無批判に賞賛していてよいのかが問われます。弁護士の中でも、民事介入暴力(暴力団対策)や犯罪被害者の権利、女性の権利(両性の平等)、子どもの権利等の領域では、警察の取り締まりの強化を求める意見が強く優勢になりがちで、簡単にそう言っていいのかと思う場面が多々あります。虐待を放置してよいということにはもちろんならないのですが、弁護士として、悩ましいところです。


榊原富士子、池田清貴 岩波新書 2017年6月20日発行
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10秒でズバッと伝わる話し方

2017-10-01 23:38:08 | 実用書・ビジネス書
 相手に聞いてもらい相手を動かすために核心部分を短くかつ相手が受け入れやすいように話す話し方を解説した本。
 人間は30秒以上興味がない話が続くと急に集中力が落ちる(68ページ)ので、基本10秒(20~30字)で話をまとめようというのが、この本での目標となります。そのために①無駄な口癖(え~、あの、まぁ等)をなくす、②自分が言いたい言い訳や自分の主観・思惑ではなく相手が知りたいことから先に話す:「ニーズファースト」、③自分が一番言いたいことを抽出するにはここで自分が言いたいことは「ズバリ」何かと自問する、④話すとき主語と述語をくっつける(間に修飾節を挟まない)、短文に切る、指示代名詞(あれ、それ)を使わない、⑤画像を示したり例え話でイメージを描かせる、⑥言いにくいことを言うときに前置きを長くせず結論を予測させる(相手に覚悟させる)ひと言と相手への気遣いの言葉を入れた「プリフレーム」を述べてから結論に入る、⑦逆接(相手の話に対する否定)から入らずいったん受け止める、⑧ミーティング(会話)のゴール(目標)を設定するというようなことを挙げています。①~③が自分の伝える話を短くする、④と⑤は相手が理解しやすい(誤解しにくい)ように話す、⑥と⑦は相手が受け入れやすいように話す、⑧が会話全体を短くすることに通じるということでしょう。
 私には、③と⑥と⑧が、なるほどなぁと思えました。ズバリどれ?と聞かれたら、⑥でしょうか。⑤は、使う例え話自体から想起するものが自分と相手で違うというリスクがあり、かえって誤解を拡げる可能性もありそうです。


桐生稔 扶桑社 2017年9月30日発行(えっ、昨日?)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

検査なんか嫌いだ

2017-09-07 00:01:21 | 実用書・ビジネス書
 自分自身検査は苦手だという医師の著者が、検査は嫌だけど役に立つという医師としての認識の下で、微妙な立ち位置で検査について論じた本。
 著者自身は、検査は人を幸せにしない(大抵は何か問題が見つかり医師から何らかの制限を受けたり小言を食らうし、医師に言われなくても「異常」値があると憂鬱)、医療は人を幸せにするものでありたいという立場で、あまり痛い思いをさせるような検査や検査結果が出ても無意味な検査(疑い通りの結果が出ても手術等の治療が選択されないときなど)を避けるとしています。しかし、個別の検査についての説明では、検査をして助かったケースも出てくるので検査の有効性を一概には否定しにくく、歯切れの悪いところが多くなっています。
 最後に、検査嫌いの人が実践すべき健康法として、①体重を測ろう、②血圧を測ろう、③食生活を見直し、「ま・ご・わ・や・さ・し・い」(豆、胡麻:穀物・種子類、わかめ・海藻類、野菜類、魚介類、椎茸・キノコ類、芋類)を食べよう、④骨と筋肉を鍛えよう、⑤世のため人のために生きようを挙げています。最後の点は、生きがいを持つことが長寿・健康を促進する傾向があり、高齢者の生きがいとしては「他人のために役に立つ」ということが高く評価されていることからです。
 「検査なんか嫌いだ」というタイトルの割には、医師の視点から穏健な書きぶりで、手に取ったときの予想/期待からは優柔不断な印象ですが、検査について考えるためのわかりやすい入門書としてふさわしい読み物かと思いました。


鎌田實 集英社 2017年2月28日発行
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

介護職・介護家族に役立つやさしい医学知識

2017-09-06 19:40:54 | 実用書・ビジネス書
 介護を要する人(高齢者・障害者)の介護をするスタッフや家族が知っておきたい医学知識を説明した本。
 高齢者では認知症も想定し、障害によってコミュニケーションがうまくいかないことを想定して、本人の訴えに頼らずに対応できるように考慮されているところが売りかなと思いました。
 すぐに病院へ連れて行くべき判断基準として、①(普段歩ける人が)苦しくて歩けないとき、②数時間のうちに病状がどんどん悪くなるとき、③肛門からの出血が疑われるとき、④「意識」や「体の一部の動き」に異常があるとき、⑤嘔吐が続くとき(2回以上)、⑥食べられないとき(1日以上)の6項目を「基本の6項目」としているのが目からうろこです。病名を判断する必要もない、体温や血圧を測定する必要もない、第三者が観察でわかることだけで判断できるところが優れています。
 また、感染症等の予防のために手洗い(掌だけでなく、手の甲、指の間、親指と掌を合わせてねじるように、指先と爪の間、手首と6段階の入念な手洗い)が基本ということも強調されています。う~ん・・・
 その後各論的に様々な病気ごとの対応と病気についての知識が順次説明されています。読んでいると、それぞれの患者ごとに様々な配慮が必要とされ、介護職って本当にたいへんだなぁと思います。ここに書かれていることをきちんと実践しようとしたら、かなり職員配置に余裕が必要だろうけど、現実には1人のスタッフで何人の要介護者をケアしているかを考えると、とても無理そうと思います。介護スタッフの労働環境の改善の必要性も考えさせられました。


和田忠志 技術評論社 2017年3月7日発行
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社労士がこたえる社員が病気になったときの労務管理 すぐに役立つ!治療と仕事の両立支援ハンドブック

2017-08-18 22:01:40 | 実用書・ビジネス書
 従業員が病気になったときの健康保険からの傷病手当金(休業補償)、高額療養費等の保険給付、休職と復職、復職できずに退職したときの保険(健康保険の切替や傷病手当金の継続給付、雇用保険の受給)、家族が病気になった際の介護・看護休暇や介護休業中の雇用保険からの介護休業給付、(使用者に実施が義務づけられる)健康診断、障害者雇用(法定雇用率)等について、会社の人事労務担当者向けに解説した本。
 健康保険関係の給付関係だけでも、ずいぶんと細かい場合分けがあり、正確に理解するのはたいへんだなぁと実感します。もともと社会保険関係、特に医療保険と年金関係の法律は条文も複雑で読みにくく改正も頻繁なので、多くの弁護士にとっても苦手分野ですが、こういうのを読むと、ますます質問には詳しくは社労士なり健康保険組合、年金機構に聞いてくれといいたくなります。頻繁に「顧問社労士がいれば」とか「社労士に相談してください」と書いているように、社労士の営業拡大を意図して書いているのでしょうけれど。
 タイトルからして「労務管理」と銘打っているように、あくまでも使用者(経営者)側での対応を説明した本です。Q&Aの形式をとり、Qの多くは従業員ないしその家族側からの質問になっているので、従業員・労働者側からの読み物とも錯覚してしまいますが、実質は、会社が従業員からそういう質問を受けたらどう回答するか、基本的には(法律を守りつつ)会社の利益を守るためにどう従業員等を説得するかという観点で書かれており、そういうものとして読むべきだと思います。労働者の健康管理義務が強調され(4ページ、5ページ、17ページ)、「病気にかかったことを会社に伝えると解雇されるという話を聞きましたが、本当ですか」という質問に対して「いかにもありそうな噂ですが、よく考えてみましょう。結果的に退職になるケースがあるとしても、病気の種類も、重さも、個人差があります。(中略)配置転換や時間短縮をすれば、続けて勤められるかもしれません。もちろん、しばらく休業して様子を見る場合もありますが、会社は、その間にあなたの代わりに仕事をする人を、早急に手配しなくてはなりません。このようなことを踏まえて、早めに会社との話し合いを始めるのが、あなたの義務といえます。」などと答えています(18ページ)。後者などまったく会社側の利害だけしか考えていません。労働者の立場(質問者の立場)に立つならば、病状の程度(どの程度就労が可能か)、病気の原因、休業制度の有無・内容とこれまでの運用などにより解雇ができない(解雇されても裁判等で闘える)場合があることを検討して答えることになりますし、病気に関する情報の提供義務に関しては、この本でも紹介されている(180~181ページ)東芝(うつ・解雇)事件最高裁判決が「上告人が被上告人に申告しなかった自らの精神的健康(いわゆるメンタルヘルス)に関する情報は、神経科の医院への通院、その診断に係る病名、神経症に適応のある薬剤の処方等を内容とするもので、労働者にとって、自己のプライバシーに属する情報であり、人事考課等に影響し得る事柄として通常は職場において知られることなく就労を継続しようとすることが想定される性質の情報であったといえる。」としていることからしてこの本の回答(労働者に病気の情報の告知義務がある)は問題があるといえます。


古川飛祐 税務経理協会 2017年7月1日発行
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イラッとされないビジネスメール ○正解×不正解

2017-08-05 20:37:10 | 実用書・ビジネス書
 日本ビジネスメール協会代表理事が書いた、受取人に「イラッと」されないビジネスメールの書き方の本。
 「件名(タイトル)がわかりにくい」という指摘は、私も日々感じているところです。
 宛名(CCも)を必ず本文に入れる、送信者名はフルネーム+所属を書く、署名に住所・電話番号・FAX番号・メールアドレスを入れるなどは、相手の都合を考えるとその通りかなと思います。もっとも、最初と最後に挨拶も含め、メールが長くなる方向ではありますが。
 文が長すぎる、改行がないと読みにくい、メールの印象が白くなるようにこまめに空白行を入れる、思いつきで書かない、などは・・・う~ん、改善が難しい感じ。
 1メール1要件、メールは基本的に何かをお願いするもの、その目的に即して書くというあたりは、あぁそういうものなのかと思います。私は、何かをお願いするというよりは、単純に報告だったり、問い合わせに回答するということでメールを書くことが多いので。
 自分のメールを顧みると、特に報告系のメールは長文になることが多いですし、こまめに改行とか空白行を入れるとかしてませんし、署名も名前しか書かないし、受取人に「イラッと」されているのかなぁと思いつつ、日々の業務の実情を見ると、改善もあまりできないかなぁと思ってしまいました。


平野友朗 サンクチュアリ出版 2017年6月1日発行
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性社労士の着眼力 知ったかぶりの社会保険

2017-08-03 09:19:40 | 実用書・ビジネス書
 健康保険と厚生年金(勤労者)、国民健康保険と国民年金(自営業者等)の加入、脱退、選択、保険料、各種の給付について、様々な問題点を説明する本。
 医療保険と年金の問題は、法律の規定が複雑でわかりにくく、多くの弁護士にとっては面倒でよく知らない領域です。各種の手続の窓口や提出書類、保険料の計算等があれこれ説明されていて、ある意味で親切な本ですが、これを見ると、結局、やっぱり複雑で思わぬミス/損をしそうな分野だな、やっぱり社会保険労務士に任せた方がよさそうだと思ってしまいます。そういう営業的な本なのかも。
 死者の内妻と長らく別居していた法律上の妻が遺族年金の受給資格を争い、著者が内妻側について社会保険審査会(再審査請求)で逆転して受給資格を取ったというエピソード(102~105ページ)、これはなかなかそう簡単ではなくて(現に最初の決定と審査請求では認められていないわけですが)、実務は法律婚の妻優先で動いています。そこは、著者の頑張りに拍手したいところです。


田島雅子 中央経済社 2017年4月30日発行
コメント
この記事をはてなブックマークに追加