京都 食の歳時記に学ぶ

京都に伝わる季節の行事食や食べ物を発信♪毎月あじわい館で食べて学べるイベント開催中!時たま日記でリフレッシュ(^^)

香り松茸 、味しめじ♪

2016-10-15 22:17:34 | 食育
おはようございます(*^-^*)
野山が錦に彩りはじめるなか、山の幸が楽しみですね!

京都を囲む山々では、明治時代まで松茸狩りが盛んで、北山から丹波にかけて、また龍安寺や嵯峨近辺の山や稲荷山の松茸がもてはやされていたそうです。
ちょっと信じがたい話ですが、焼き松茸に松茸ごはん、なんと松茸入りのかしわのすき焼きが松茸狩りのお昼ごはんになったとか、、山の中腹にござを敷いて、お花見同様の宴が開かれた時代もあったそうです。
松茸はお天気続きの日に採れたものが香り良し、コリッとして美味といわれます。
春の山菜と並ぶ松茸狩り、素人にはきのこ毒に注意が必要で、ちなみに茸の毒消しには茄子だという言い伝えがあります。

今や松茸は高嶺の花となりましたが、せめて香りだけでも 味わって、しめじにツナ缶,人参、干し椎茸の出しで味つけごはんを炊きました。湯葉しめじを添えて。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月8日(土)のつぶやき | トップ | 10月15日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL