詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

東京新聞11月5日夕刊

2016-11-08 10:33:50 | 自民党憲法改正草案を読む


東京新聞(中日新聞)11月5日夕刊に、小池昌代さんが「詩人が読み解く自民党憲法案の大事なポイント」の批評を書いてくれています。
jpg形式でアップします。

「憲法」をどう読むか。「自民党の憲法改正草案」をどう読むか。
ことばにこだわって、比較しながら読んだものです。
「正解」を探すというよりも、「疑問」をことばにする、という形のもの。

憲法は、国家のものではなく、国民ひとりひとりのもの。
国民には、国家が気に食わないときは、その国家を変える権利がある。
そのときに、よりどころにするのが憲法だと思う。
どう読むかは、ひとりひとりが違っていていい。
いろいろな読み方があふれ、さわがしいというのが民主主義の基本だと思う。
多様な少数意見が、自由にゆきかうのが民主主義だと思う。
そう思いながら書いたブログの記事が一冊になったものです。

アマゾンで販売しているけれど、なぜか「入荷待ち」の状態がつづいている。
(ただし、アマゾン内の「ポエムピース」では販売中)
版元のポエムピースからも送料無料で購入できます。
http://poempiece.shop-pro.jp/

書店でも、取り寄せになると思いますが、(時間がかかると思いますが)、購入できます。
福岡市では、ジュンク堂(3階「憲法コーナー」)、国体道路沿いの「キューブリック」で販売しています。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 板垣憲司『落日の駅、水際で... | トップ | 千人のオフィーリア(メモ13) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。