詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

柿沼徹「犬」「雲」

2017-07-12 09:10:09 | 詩(雑誌・同人誌)
柿沼徹「犬」「雲」(「生き事」12、2017年夏発行)

 柿沼徹「犬」を読みながら、あっ、ここが「現代詩」の欠点だなあ、と思うところにぶつかった。私もついつい書いてしまうのだけれど。

部屋の隅で
ねそべっている犬の
眠そうな目が
こちらを見ている

そうか、おまえは犬、
犬だったよな

ようやくネクタイをしめていると
雨が降っている
庭の枯草
壁面の一部が濡れ始めている

 一連、二連目いいなあ。ワープロ以前のような一行の短さと呼吸もいいし、「犬、/犬だったよな」の「犬」の繰り返しもいい。繰り返した瞬間、「犬」を見ている柿沼の「肉体」が見える。
 でも、そのあとの

ようやくネクタイをしめていると

 これが、なんともいえず「現代詩」。ここに出てくる「ネクタイ」というのは、いまはやりのことばで言えば「換喩」。サラリーマンとか、管理される労働者(そして、そういう人間の悲哀)を言い換えたもの。
 で。
 こんなことが「わかってしまう」ことばが、「現代詩」をつまらなくさせている。
 「ネクタイ」にはさまざまな「意味」がある。でも、「現代詩」のなかでは「管理される労働者」という「意味」の比喩になり、それは「しめる」という人間を窮屈にさせる動詞といっしょになって動くという「定型」ができあがってしまっている。(「ネクタイをゆるめる」はまた別の「意味」になるが、これも「定型」である。)
 これが「快晴」ではなく「雨」ということばと結びついて「憂鬱」を「意味」にする。さらに「枯草」という名詞と結びつき「疲労」とか「盛りのすぎた」という「意味」を引き寄せる。「濡れ始める」という動詞も、まあ、それに通じるし、「壁面」の「壁」さえ「乗り越えられない障礙」という「意味」になりたがる。意味が「領域」としてひろがって世界になる。
 あとは、もう読まなくてもいい。
 詩のほんとうの仕事は、こういう「意味(の領域)」から「もの」そのものを奪い返すこと、「ことば」を「無意味」にすることなんだけれど、「現代詩」の「意味の連絡網」はなかなかしつこくて、詩人を自由にはしてくれない。

 「雲」は「犬」とは違う。一連目は、こうである。

この古いビルの階段を
のぼりつめて扉を開けると
高い曇りの一日が射してくる
今日までの身体
ここに来たことがあるという記憶の
そのなかの出来事のようにぼんやり立つと
雲がまぶしい

 「古い」ビル、「今日までの身体」、「記憶」は「犬」に通じる「管理される人間」の「憂鬱/悲哀」の「意味」を呼び寄せるが、

高い曇りの一日が射してくる

 この「一日」がちょっと違う。はっとする。「日」ではなく「一日」。うーん。「量」が「どすん」と響いてくる。

ここに来たことがあるという記憶の
そのなかの出来事のようにぼんやり立つと

 という、わかるけれどわかりにくい、あるいはわかりにくいけれどわかる感じの、ことばのぎごちない感じが「肉体」を刺戟する。もっとわかりやすい、自然な言い方があるのかもしれないが、それがみつからない。でも、このことは言いたいという「欲望」のようなものを感じる。(「立つ」という動詞が、私の「肉体」を内部から動かす。)
 「意味」ではなく、この「言いたい」という「肉体」と結びついた欲望が詩なんだろうなあ。
 そして、そのあと

雲がまぶしい

 これがいいなあ。
 「雲」は「太陽」と違って、ふつうは「まぶしくない」。
 でも、柿沼は「太陽はまぶしい」「太陽をさえぎる雲はまぶしくない(むしろ暗い)」という「意味」を引き剥がして、「雲」を「まぶしい」という形容詞で生まれ変わらせる。
 あ、詩というのは、こういうことだったんだなあと気づく。
 「雲」がいままでの「意味」とは違ってきた。「雲」が新しい世界の「扉を開けた」。だから、二連目からは、少し違った世界が展開する。

朝昼晩の裏側
清掃会社に勤めていたSさんが
ざまあみろ、おまえたち、ざまあみろ、
仕事をしながら呻いている
屋上の貯水タンクの中に何があるか、
ネズミ、蛾、蠅、ゴキブリ、
おまえたち水道の水を飲んでいるんだろ

 見方によっては、この「怒り」の発散も「現代詩の定型」のひとつではあるけれど、「雲がまぶしい」ということばが「定型」を洗い流している。「怒りがまぶしい」という感じを誘い出している。
 「まぶしい」という形容詞も、何か新しいものになっている感じがする。

もんしろちょうの道順
クリエーター情報なし
思潮社
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党の二枚舌(加計学園問題) | トップ | 鏡順子『耳を寄せるときこえ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

詩(雑誌・同人誌)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。