詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

宇部京子「とうさんの海」

2017-03-08 09:17:32 | 詩(雑誌・同人誌)
宇部京子「とうさんの海」(「毎日新聞」2017年03月07日夕刊=西部版)

 毎日新聞夕刊の「特集ワイド」に宇部京子「とうさんの海」が掲載されている。

さみしいとき
うれしいとき

まよったとき
つかれたとき

とうさんの海に
会いにいく

とうさんとおなじ 歩幅で
すなはまを あるく

とうさんとおなじ 背中で
かいがらを ひろう

とうさんとおなじ 目線で
水平線を みる

とうさんとおなじ 手つきで
はまなすを たおる

とうさんの海は わたしのふるさと
 ザッポーン ザッポーン
 ザッラーン ザッラーン

 東日本大震災の、津波の被災者である。
 同じことばが繰り返される。同じことばを繰り返したい。繰り返すことで、そこに書かれていることが「ひとつ」になる。宇部は「とうさん」になり、「海」になり、「すなはま」「かいがら」「すいへいせん」「はまなす」になる。「とうさん」になるときは、「とうさん」の「動き(動詞)」が宇部の肉体で繰り返される。肉体で繰り返すことで、「とうさん」の「歩幅」「背中」「目」「手」になる。
 どこにも嘘がない。

 そして、なによりも。

 ザッポーン ザッポーン
 ザッラーン ザッラーン

 この繰り返しがいい。「ザッポーン」は、もしかしたら、聞いたことがあるかもしれない。私にも、なんとなく「思いつく」ことができるかもしれない。しかし「ザッラーン」は思いつかない。波の音に「ラ」の音があるとは知らなかった。
 知らなかったけれど。
 聞いた瞬間、あっ、たしかに「ザッラーン」と聞こえる、と「思い出す」。
 「思い出す」というのは変な言い方だが、たしかに聞いた気がする。光があふれていて、どこまでも広がっていく海。その「広さ」を感じる。「広さ」を思い出す。
 私が直接聞いたのでなければ、私のなかの「遺伝子」が聞いた音。

 宇部と私はつながっている、と私は「誤読」する。海が好き。「さみしいとき/うれしいとき/まよったとき/つかれたとき」海を見る。みつめる海は違うけれど、「みつめる」という「動詞」のなかで「ひとつ」になる。「肉体」が解放されていく。「私」を超えて、海をみつめている「いのち」と「ひとつ」になる。
 この波の音を、私はけっして忘れないだろう。
リッツォス詩選集――附:谷内修三「中井久夫の訳詩を読む」
クリエーター情報なし
作品社
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千人のオフィーリア(メモ30) | トップ | 千人のオフィーリア(メモ31) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

詩(雑誌・同人誌)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。