詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

ケヴィン・レイノルズ監督「トリスタンとイゾルデ」

2006-11-20 13:19:34 | 映画
監督 ケヴィン・レイノルズ 出演 ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ

 肉体と衣装のアンバランスがおもしろい。 
 ジェームズ・フランコもソフィア・マイルズも中世の悲劇を演じようとはしていない。監督もそういうものを撮ろうとしていない。(途中までは。)
 恋愛は時代を超えるということを、感情ではなく、みずみずしい肉体で表現している。古くさい衣装も、古くさい忠誠心(王に対する忠誠心)も、肉体を生き生きと見せるための道具である。
 ソフィア・マイルズは美人とは思わないが、目が生き生きしている。目の表情で時代を超える。物語の制約を超える。ただただ恋愛感情を表面に出すことだけをこころがける。それはほんとうに相手を愛しているというよりも、まるで純粋な感情を生きてみたいという欲望そのものの発露のようでもある。その生々しさで、彼女は古くさい衣装を脱いでしまっている。古くさい衣装を身につけるほど、衣装はスクリーンから消えてしまい、ただその目の輝きと豊かな肉体がむき出しになる。
 こういう輝きに対抗する男優はなかなか大変である。この映画は、むき出しの感情ではソフィア・マイルズにジェームズ・フランコがとうていおよばないと最初からあきらめたのか、男優の活躍の場として戦場と、戦いによってできた傷を用意している。そして戦闘シーンを丁寧に描いている。これがなんだか映画を中途半端なものにしている。
 恋愛映画は女優と男優を平等(?)に描いてはだめである。女優がひたすら輝き、女優が男優を圧倒していくのが恋愛映画である。恋愛とは自分が自分でなくなってもかまわないと覚悟して相手と向き合うことだが、そうとはいうものの、自分をも他者をも破壊しながら、その一歩先を進み、世界を動かしていくのが女性であるとき、つまり男性がひきずりまわされるときのみ、本当のこころが動く。
 この映画のいちばんのクライマックス--王が用意してくれた舟に乗って逃げることを拒んで、トリスタンがいう。「愛が国を滅ぼしたと言われたくない」。そしてひとり戦いの場へ戻っていく。このときから観客は、ただただトリスタンが血を流し、死んでゆく瞬間を待っている。途中でどんなに手柄を立てようと、それは流れる血を飾るためのものにすぎないと知っている。そして、その血を見つめてヒロインが涙することを知ってしまっている。ここから、この映画は突然つまらなくなる。
 せっかくイゾルデが古めかしい衣装を脱いで豊かな裸体を輝かせ、目を感情そのものにかえたのに、ここから衣装に従属してしまう。それまでのソフィア・マイルズの演技はすべてむだになってしまった。

 これは結局、「物語」に負けてしまった映画である。映画は「物語」ではない、ということを忘れてしまった駄作である。「トリスタンとイゾルデ」ではなくなってしまうだろうが、もし、恋愛と戦場を融合させてそこにあたらしい映画を出現させるとしたら、戦場の戦いがヒロインの激情によって収拾がつかなくなるというような映画にでもしないと、新しい映像は何も生まれないだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 由良佐知子「吾亦紅」、豊原... | トップ | アンドリュー・モーション「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画 「トリスタンとイゾルデ」 (ようこそMr.G)
映画 「トリスタンとイゾルデ」 を観ました。 かの「ロミオとジュリエット」の原典となった物語、という惹句とおりの 王道の悲恋の物語なのでした。 時代は中世、イングランドとアイルランドが争っていた時代のお話。 中世モノの映画というと、 ...
トリスタンとイゾルデ (O塚政晴と愉快な仲間達)
珍しく恋愛モノ。 「モンテクリスト伯」が好印象だったのでレッツ・チャレンジ! トリスタンとイゾルデ ★★★★☆ ワーグナーの傑作オペラやシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の元にもなった1500年前のケルトの伝説的物語を映画化 ...
『トリスタンとイゾルデ』 (*sweet* Days)
製作総指揮:リドリー・スコット CAST:ジームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ 他 STORY:ローマ帝国崩壊後、アイルランドの支配下にあったイギリス。戦いで孤児となったトリスタン(ジェームズ・フランコ)は、領主の一人、マークに育てられ、腕の立つ ...
トリスタンとイゾルデ Tristan & Isolde (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ジェームス・フランコ、ソフィア・マイルズ主演 リオネスの王の子トリスタンはアイルランドのモロルトに父を殺されます その時 自分の手首を失ってまでトリスタンを助けた叔父 ブリテン・コーンウォールのマルケ王に育てられ  トリタンは立派な騎士に成長し ...
映画「トリスタンとイゾルデ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Tristan + Isolde 愛>生>死、すなわち、愛をもって尊しと成す、トリスタン+イゾルデ≠愛に生きる、すなわち、忠義と人情が愛欲に勝る。義理との狭間でゆれる愛の物語・・ ローマ帝国の衰退と共に群雄割拠の時代を迎えたイングランド、海を隔て ...
『トリスタンとリゾルデ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
主人公のトリスタンは、コーンウォールの領主マークを育ての父に持つ勇敢な騎士。戦闘で重傷を負い、敵国アイルランドの海岸に流れ着いた彼は、アイルランド王の娘イゾルデにかくまわれ、献身的な介護を受ける。粗末な海辺の小屋で過ごす濃密な時間のなかで、ごく ...
「トリスタンとイゾルデ」 愛とは満たされる気持ちと不安な気持ち  (はらやんの映画徒然草)
トリスタン伝説はもともとはアーサー王伝説にも取り込まれたケルト民話の一つです。
トリスタンとイゾルデ (悠雅的生活)
生は死よりも尊く、愛は死よりも尊い。
トリスタンとイゾルデ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「愛は死よりも切なく、そして尊い」 イングランドの若き騎士トリスタンと、敵対するアイルランド王の娘イゾルデ。ケルトの伝説として1500年前に誕生した、二人の“禁じられた愛”の物語は、ヨーロッパの人々を魅了し続けてきたラブストーリーの原点。あなた ...
『トリスタンとイゾルデ』 愛は死より切なく、そして尊い。 (銅版画制作の日々)
東宝シネマ二条にて鑑賞『トリスタンとイゾルデ』はあの「ロミオとジュリエット」の原点となった史上最も美しい悲恋物語だそうだ。私もこのタイトルだけは記憶にあったが・・・。「ロミオとジュリエット」の原点とは知らずかの有名なシェイクスピアはこのお話を基 ...
トリスタンとイゾルデ (シャーロットの涙)
それはイギリスの暗黒の時代・・・ ワーグナーのオペラにもなっていて欧州ではメジャーな「トリスタンとイゾルデ」のお話。シェイクスピアはこれを元に「ロミオとジュリエット」を生み出すことに。 美しい素朴な自然の映像と共にそこに描かれるのは、やはり美しい ...
★「トリスタンとイゾルデ」 (ひらりん的映画ブログ)
「ロミオとジュリエット」の悲劇は、ここから生まれた・・・なんてキャッチコピー。 ちょっと中世ヨーロッパの騎士もの・・って意外と好きなひらりん。
トリスタンとイゾルデ (映画とはずがたり)
『ロミオとジュリエット』の基になった伝説を、 リドリー&トニー・スコット製作総指揮で 映画化した歴史絵巻!! 禁じられた愛に身を投じていく 騎士トリスタンと王女イゾルデの悲劇を、 絢爛豪華な美術と衣装で魅せる!! STORY:ローマ帝国の崩壊後、 ...
『トリスタンとイゾルデ』 (моя комната ~まやこむなた~)
ワーグナーのオペラで有名な悲恋物語。1500年前にケルトの伝説として誕生して以来、宮廷詩やアーサー王伝説の一説として語り継がれ、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の元になったとも言われる。そのようにして、文学、絵画、音楽など様々なジャンルでテ ...
映画「トリスタンとイゾルデ」 (+Think)
 アダマー、立派になって……!  ってわけで見て来ました「トリスタンとイゾルデ」。  その感想の第一声が↑ですか(笑)。  いやね、ブリテンの氏族をまとめるマーク王役のルーファス・シーウェルがとても良かったんですよ。  「ロック・ユー」で主 ...
真・映画日記『トリスタンとイゾルデ』 (CHEAP THRILL)
10月30日(月) やはり、土日で遊びまくると、 月曜がつらい。 日記を更新している最中に何度も睡魔に襲われ、 土曜の最後のパートだけを書いたところでタイムアップだった。 仕方なく日曜分の日記は夕方以降に。 ごく普通の月曜日。 そこそこの忙しさ ...
トリスタンとイゾルデ (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
2006年10月21日公開  ロミオとジュリエットの元ネタともいわれる昔話。  家どうし、国どうしでいがみあってる中、ふとしたきっかけで出会った男女が禁断の恋に落ち、やがてそれが国全体を揺るがす事態へ発展していき
トリスタンとイゾルデ(ネタバレ) (RE:ねこのうたたね)
TRISTAN+ISOLDE (2006) Cast : James Franco, Sophia Myles, Rufus Sewell, David O'Hara Director : Kevin Reynolds Genre : Action / Adventure / Drama / Romance Runtime : 125 min Company : ApolloProMedia GmbH & Co. 1. Filmproduktion KG 参考リンク ...