詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

ケン・ローチ監督「麦の穂をゆらす風」

2006-11-25 14:36:53 | 映画
監督 ケン・ローチ 出演 キリアン・マーフィー、ボードリック・ディレーニー、リーアム・カニング

 風景がとてつもなく美しい。木々の緑、草の緑、それをつつむ空気。その「空気」がスクリーンに映し出されている。
 緑は美しいが大地が豊かであるというわけではない。広がっているのは畑ではなく原野である。山である。それは育っているというより大地にしがみついているという感じがする。そこにだけしか生きられない草が、木が、大地にしがみついて、しがみつきながら、それでも美しい緑を輝かせている。自分の土地を味わい、自分の空気を吸って、厳しさに絶えながらそれでもしっかり生きている。
 この緑は、この映画の主人公たちの姿そのものである。
 アイルランドの小さな街。生まれ育った土地。そこで自由に生きたい。他人に(英国に)支配されず、自分の意志で生きて行きたい。ここに住む人間の意志を踏みにじるものは許せない。そうした思いが主人公を独立への戦争へ駆り立てる。
 この映画がすばらしいのは、そうした戦いをするアイルランド人を「自然」として描いていることである。大地から知らないうちに生えてきた草や木のように描いていることである。主人公は、英国風の名前をいうことを拒んだだけで友達が殺されるのを目撃する。英国兵をのせることを拒んだだけで殴られる鉄道の運転士を目撃する。自分の体を犠牲にして信念を貫く人間を見る。そして、その目撃から怒りが芽生え、主人公が立ち上がる。怒りが大地になって、草や木を育てるように主人公を育てる。主人公が育っていく大地には、無残に殺された友人の血がしみ込んでいる。理不尽な理由で殴られた運転士の流した血がしみ込んでいる。大地の無残な血を、無念を吸い上げながら、主人公の怒り、闘志は育っていくのである。
 美しいシーンはいくつもあるが、私が特に好きなのは、主人公の青年が最初にする軍事訓練である。そこでの教訓はただひとつ。姿をあらわすな。ひたすら隠れろ。たばこ一箱分でも姿が見えれば英国人に銃殺される。それは大地、岩や、木や、草と一体になれ、という意味でもある。そして、それがほんとうに美しいのは、そのとき、彼らは銃ではなく、ホッケーのスティックに似たものをかかえて匍匐前進するからである。アイルランド特有のスポーツ(そのスポーツさえ許さない英国軍隊が映画の冒頭にあらわれる)の道具。それをもって訓練しているということは、描かれてはないけれども、訓練のあとには彼らはそのスポーツを楽しんだということのあかしだろう。怒り、憎しみだけではない。人はいつもこころに「余裕」をもって生きている。
 だから、恋愛もするのだ。過酷な戦いのなかで、ふっと息づくこころ。命の欲望。そうしたものが「自然」のままに、的確に挿入され、映画全体を豊かにする。細部がとてもきめこまかく、美しいのである。

 だが、そんなふうにして育った木や草がいつもいつも協力して生きていくわけではない。育ちながら、その土地にはない「栄養」(肥料)をどうしても求めるものもでてくれば、そうした肥料はいま生きている草木を犠牲にしてしまうと反発するものもいる。
 自分が根を張った場所を正しいと信じ、ときには同じ場所で戦わなければならない。自分が生きるために、さっきまでいっしょに生きていたものを殺してしまうこともある。自然の過酷さが、ここにある。信念の過酷さがここにある。自然は美しい。信念も美しい。しかし、自然も信念も過酷なのだ。過酷であることを体験して草木は育ち、また死んで行く。同じように、人間もまた世界が過酷であることを体験しながら死んで行く。

 こうした生き方に何か救いはあるだろうか。
 アイルランドの古い歌だろうか。英国軍隊によって理不尽な理由で殺された息子--その息子の葬儀に老人が歌う歌が救いである。希望である。
 死んだ男、流した血の上に麦は生え、やがて麦の穂は実り、風がゆする。
 豊かな麦の穂をゆらす風は、この映画には登場しない。麦の穂の実りも登場しない。ただ、荒れた大地にへばりついて生きている草が、木が登場するだけだが、それを豊かな麦にかえるのは、流された若者の血しかない。そう告げるのだが、その断言のなかに、絶対にこの血をむだにしないという決意が潜んでいる。希望が潜んでいる。

 この映画は悲しい映画である。悲しいけれど、悲しみが怒りに、怒りが力にかわることをひそかに願っている映画である。人間の「自然」は悲しみを怒りに、怒りを力にかわるはずだと、この映画は願っている。それが人間の「自然」だと。
 また、自然が自然本来の姿を失ったのは(より過酷になってしまったのは)、そこに「侵入者」があったからだと、この映画は告げる。アイルランドの不孝はイギリスに原因があると告げる。それはイギリスがアイルランドから出ていけば、アイルランドは自然にかえることができるのだということでもある。
 そのときまで、怒りの大地は怒りの大地のままである。侵略者が去ったときこそ、流された大地から麦が生え、そしてその穂をゆらす風も吹くのである。
 老女が歌った歌は追悼歌、鎮魂歌であると同時に「祈り」でもある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清岡卓行論のためのメモ(1) | トップ | ケン・ローチ監督「麦の穂を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
麦の穂をゆらす風/The Wind That Shakes The Barley (我想一個人映画美的女人blog)
2006年 カンヌ最高の賞であるパルムドール賞受賞{/kirakira/} 現在70歳であるケン・ローチ監督最新作。 ケンローチ作品にはあまり縁がないというか、あまり観ていないから他の作品と 比較したりすることは出来ないけど、世界的に高い評価を受けている名匠。 19 ...
感想/麦の穂をゆらす風(試写) (APRIL FOOLS)
カンヌでパルムドール穫りました『麦の穂を揺らす風』11月18日公開。1920年アイルランド。独立闘争に揺れ動くある兄弟の生き様を描く。カンヌじゃスタンディングオベーションだったらしいデス。 ケン・ローチ監督作「麦の穂をゆらす風」公式サイト アイルラン ...
麦の穂をゆらす風 (そーれりぽーと)
『明日へのチケット』で、長距離列車ですれ違う人々の織成すドラマに感動したのが先週。 その映画を監督した三人の監督の一人、ケン・ローチが監督をしてカンヌでパルムドールを獲得した作品『麦の穂をゆらす風』が丁度公開されたので、早速観てきました。 ★★★ ...
麦の穂をゆらす風 (シャーロットの涙)
麦の穂をゆらす風・・・アイルランドの伝統歌の名曲♪ イギリス支配への抵抗を歌う歌で、19世紀後半から広くアイルランドで歌われるようになりアイルランド抵抗のシンボル的な曲でもある。 詩はロバート・ドワイヤー・ジョイスのもので、愛する人の死をきっかけに ...
【麦の穂をゆらす風】試写会 (NAO-C☆シネマ日記)
愛するものをう奪われる悲劇を、 なぜ人は、繰り返すのだろう・・。 2006年カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した作品{/shootingstar/} かなり暗い・・そして救いがない{/hiyoko_thunder/} でもこれが事実で、今もどこかで行われている戦争ってものな ...
麦の穂をゆらす風 (It's a Wonderful Life)
若者がハーリングを楽しむごくありふれた情景。 一転して女性が涙を流すやりきれない事件から始まるこの映画は 同じ女性の涙でエンディングを迎えます。 どの時代の争いも、泣かなければいけないのは 自分の家で家族と平和に暮らしたいとただ望む人たち。 ...
映画 「麦の穂をゆらす風」 (ようこそMr.G)
映画 「麦の穂をゆらす風」 を観ました。
麦の穂をゆらす風@シネ・アミューズ (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
サッカー・ワールドカップの年に、あるミュージシャンのインタビューを見た。それが4年前か8年前か、そのミュージシャンの出身地ががスコットランドだったかアイルランドだったかは忘れたが、インタビューアーの「あなたの国は出場していませんが、応援している ...
*麦の穂をゆらす風* (Cartouche)
{{{  ***STORY***  2006年 イギリス=アイルランド=ドイツ=イタリア=スペイン 1920年のアイルランド南部の町・コーク。医者を志す青年デミアンはロンドンでの勤務がきまり、アイルランドを離れようとしていた。そんな時、仲間がイギリスから送 ...
『麦の穂をゆらす風』 (моя комната ~まやこむなた~)
今年のカンヌ映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞したケン・ローチ監督の新作。独立を求め、イギリスと長きにわたる対立の歴史を刻んできたアイルランドをテーマにした本作は、上映後に10分以上ものスタンディングオベーション、審査員は全員一致で選んだという ...
「 麦の穂をゆらす風/THEWINDTHATSHAKESTHEBARLEY(2006) 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ケン・ローチ出演 : キリアン・マーフィ/ポードリック・ディレーニー/リーアム・カニンガム/ 公式HP  || 「 麦の穂をゆらす風/THEWINDTHATSHAKESTHEBARLEY(2006) 」愛するものを奪われる悲劇を、なぜ人は繰り返すのだろう。  2006年カンヌ国 ...
「 麦の穂をゆらす風/THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY(2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : ケン・ローチ 出演 : キリアン・マーフィ /ポードリック・ディレーニー
麦の穂をゆらす風 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
北アイルランド紛争に関連した数々のテロ事件。その中心的な存在だったのが、本作でも取り上げられているIRAです。そして、IRAが段階的な武装解除を表明したのが、2000年5月で、武装闘争の終結が宣言されたのは、2005年7月28日。1年と少し前のことでしかないのです ...
真・映画日記『麦の穂をゆらす風』 (CHEAP THRILL)
11月18日(土) 午前8時前に居酒屋「村さ来」を出る。 「ロンドン・タイムス」打ち上げメンバーはまだ残っていたが、 映画館にならぶので先に出た。 池袋駅に着き、満員の山手線で渋谷へ。 8時半、シネ・アミューズ・イースト・ウエストに到着。 一 ...
【劇場映画】 麦の穂をゆらす風 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1920年のアイルランド南部の町・コーク。医者を志す青年デミアンはロンドンでの勤務がきまり、アイルランドを離れようとしていた。そんな時、仲間がイギリスから送り込まれていた武装警察ブラック・アンド・タンズの暴行を受け、命を落としてしま ...
ケンローチ監督 (KUKURUのモノローグ)
Kenneth Loach監督作品の「明日へのチケット」(Tickets)と「麦の穂を揺らすとき」(The Wind That Shakes the Barley)を観た。「麦の穂を揺らすとき」は'06の5月の第59回カンヌ映画祭でパルム・ドール賞を獲得した作品。 1920年のアイルランドとイギリ ...
パルムドール受賞 「麦の穂をゆらす風」 (VIVA!ちどりあし)
「愛する人を奪われる悲劇を、なぜ人は繰り返すのだろう--」 イギリスの名匠、ケン・ローチ監督による アイルランドのイギリスからの独立戦争を描いた 今年のカンヌパルムドール受賞作品。 <story> 1920年アイルランド、英国による圧 ...
★「麦の穂をゆらす風」 (ひらりん的映画ブログ)
2006年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた・・らしい作品。 アイルランドがイギリスにいじめられてる・・・って内容は予告編で見てる。 ちょっと暗そうな作品ぽい。 観客の年齢層は、ちょっと高めだった。
「麦の穂をゆらす風」を観た! (とんとん・にっき)
2006年もあと僅か、どの新聞も今年を振り返り、様々な分野の「回顧」記事が紙面を飾り始めています。たまたま今日12月7日、朝日新聞の夕刊では「映画」が取り上げられていて、今年を振り返っています。その中で7人の映画評論家が「私の3点」として、それぞれ推薦す ...
麦の穂をゆらす風 (future world)
思い立ったように、急に観に行こう!と映画館に直行、ミニシアターのせいか結構混んでいた。 2006年カンヌ最高賞パルムドール受賞作品、あのスマステのツキイチゴロウでも2位だったらしいが・・・私もやや躍らされたひとりかも。。。 ~裏切りには死を ...
麦の穂をゆらす風(ToT)/~~~ (銅版画制作の日々)
名匠ケン・ローチ監督と新星キリアン・マーフィーによる最高傑作『麦の穂をゆらす風』をこの間鑑賞しました。なかなか記事を書くことが出来ず 《お話》1920年緑深きアイルランドの南部の町コーク。医者を志す青年デミアンはロンドンでの勤務が決まり、アイルラン ...
リール&ジグ:麦の穂を揺らす風(2006) (ORGANIC STONE)
英国の社会派監督ケン・ローチによる、アイルランド独立戦争とその後の内戦をテーマにしたドラマ。2006年カンヌ最高賞受賞作で、しかも私の専門(なんの?)アイルランド物、その上マイお気に入り登録済みのキリアン・マーフィー主演ですから。そして映画館が満員 ...
麦の穂をゆらす風 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
愛するものを奪われる悲劇を、なぜ人は繰り返すのだろう!!。1920年アイルランド。激動の歴史と運命に翻弄され、愛する人々との絆が引き裂かれる悲劇を名匠ケン・ローチが圧巻のスケールで描く。 1920年、アイルランド南部の町、コーク。医師を志す青年デミ ...