詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

二重国籍よりも二枚舌が問題

2017-07-23 15:18:30 | 自民党憲法改正草案を読む
二重国籍よりも二枚舌が問題
               自民党憲法改正草案を読む/番外108 (情報の読み方)
 蓮舫の「舫」の字が私のワープロにはなくて、なかなか書くことができなかったのだが。
 蓮舫の「二重国籍」が問題になって、戸籍の公開にまで事態が進んだよう。私は二重国籍のどこに問題があるのか理解できなくて、関心も薄いまま。日本の国籍があれば、選挙に出てもいいだろうし、国会議員になるのも問題ないだろう。憲法を守るのであれば、蓮舫が二重国籍であろうと関係ない。
 「台湾籍」を持っていると、有事の際に日本を裏切り、台湾にそった政策をとる可能性がある、というけれど。日本は独裁国家ではない。蓮舫が首相になったとしても、蓮舫ひとりの判断で日本の行動が決定するわけではない。国会の決議があって、その決議に従って首相は行動するだけである。
 二重国籍の蓮舫が首相になったら、日本を裏切る可能性がある、という論理の立て方は「首相独裁」を認める考えである。首相が判断したことに対して、内閣も、議会も反対しない、反対できないということを前提としている。前提がおかしい。
 だいたい日本国籍を持っていれば日本を正しく導き、二重国籍を持っていれば日本の進路を間違った方向に向けるという「仮定」がおかしくないか。
 日本を第二次大戦に向かわせたのは日本国籍を持った政治家である。

 こんなことも考えてみよう。
 安倍が二重国籍かどうか私は知らない。たぶん日本の国籍だけを持っているのだと思う。その安倍がやっていることは「友人」優遇の政策である。国民のためといいながら「友人」のための政治しかしない。「TPP反対」と言っておきながら「TPP反対と言ったことは一度もない」という。「ていねいに説明する」といいながら、何一つ「ていねいに説明したことはない」。
 こういうことを「二枚舌」という。
 政治は「ことば」でおこなうもの。「ことば」に嘘があってはいけない。「ことば」とそのことばを実行に移すこと(実践)。その二点の関係から政治家の「価値」を判断すべきだろう。

 すでに日本には多くの外国人が住み、日本人と結婚して、子どもも産まれている。その人たちがどう生きるかは、その人の自由。どこの国籍を選択しようが、それは他人が口出しすべき問題ではない。
 二重国籍は、ある意味で、日本の「多様性」を推し進めるキーワードである。さまざまな二重国籍のひとが、やっぱり生きていくなら日本がいいと思える社会にしてゆくこと、それが日本の方向性ではないのか。
 いろんな職場で外国人の手を借りなければ仕事が進まなくなっている。こんな時代に日本以外の国籍、その国籍をもっている人間を排除するというのは、動きとして逆方向だろう。

 あすから始まる予算委員会の「国会閉会審査」。安倍が、どんな「二枚舌」をつかうのか、稲田がどんな「二枚舌」をつかうのか。そのことに注目したい。

 

#安倍を許さない #憲法改正 #加計学園 #天皇生前退位 #稲田防衛大臣
 


詩人が読み解く自民党憲法案の大事なポイント 日本国憲法/自民党憲法改正案 全文掲載
クリエーター情報なし
ポエムピース
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 河野聡子『地上で起きた出来... | トップ | 石毛拓郎「蝉の暮方」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自民党憲法改正草案を読む」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。