詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

世界最速のインディアン

2007-02-11 20:51:23 | 映画
出演 アンソニー・ホプキンス

 アンソニー・ホプキンスが童心あふれる65歳を演じている。もともと童顔(だからこそ「羊たちの沈黙」が怖い)だから表情に甘さがある。その甘さが他人をやわらかい気持ちに誘う。ついつい親切にしたい、というよりも、むしろ、甘やかしたいという気持ちにさせる。その65歳の男がやっていることが1920年代の古ぼけたバイクを自己流に改造し、スピード記録に挑戦するというのだから、どうしても「がんばれ、がんばれ」と応援したくなる。そう応援したいという気持ちを引き出す、頑固で、しかし純粋なままのこころをアンソニー・ホプキンスが、楽しそうに演じている。
 彼が演じる男が世界最速のスピード記録を出すことは、もう最初からわかっているので、ストーリーは、彼がどんなふうにまわりの人の心を引きつけたか、ということだけを中心に描かれる。ニュージーランドからアメリカへ単独で乗り込み、苦労もいろいろしたはずなんだろうけれど、出会うひと出会うひと、ほとんど全員がアンソニー・ホプキンスの純真な目、その微笑みにひっぱられて、やさしくなっていく。
 この過程が、丁寧で、とても気持ちがいい。
 その基本となっているのが、最初に描かれるバイクを自己流に改造するシーン。バイクに必要な改造はいろいろあるだろうけれど、アンソニー・ホプキンは最新のものを求めるわけではない。自分のまわりにあるもので何ができるかを考える。そして、少しずつ改良する。オイルキャップにはワインのコルクの栓までつかう。軽いから、という理由で。
 自分にできることは何か、ということをアンソニー・ホプキンス演じる男とは知っている。そしてできることの最善を尽くす。不可能なこと、そこにはたとえば金をつぎ込んで最新の部品をそろえるというようなことも含まれているのだが、そういうことには目を向けない。あくまで自分でできる範囲のことがらを探し出して、それをつかう。そんなふうにすべて自分で改造しているから、彼には彼のバイクがどんな性格なのかもわかっている。彼と一体であり、また彼そのものなのだ。
 そのことを出会った相手にも正直につたえる。彼がバイクであり、バイクが彼である。彼が心筋梗塞、前立腺肥大という持病を抱えているように、バイクも最新のものと比べれば驚くほど古くさい。とても正常とは言えない。しかし、そこには弱点を抱えて生きていく不思議な粘り強さのようなものがある。
 正直さと、その正直だけがもっている工夫のすばらしさ、ねばり強い知恵のおもしろさが、出会った人の心を開かせるのだ。--知恵、と今書いたが、たぶん、アンソニー・ホプキンスがここで表現しているのは「知恵」という思想である。知識ではなく、知恵。生きていく過程で、少しずつ肉体にしみ込ませていった生き方。それを知恵と呼ぶのだが。
 この知恵を生きるという生き方が、バイクにぴったりあっている。バイクであろうと4輪の車であろうと、レーサーにとっては体の一部だろうけれど、バイクの場合は一体感がより強いだろう。体の動かし方ひとつでバイクの動きそのものが変わってしまうのだから。生き方がそのまま反映するのがバイクといってもいいかもしれない。そんなことも感じさせる。
 その象徴的なシーン。スピードを上げるとバイクが揺れる。どうするか。運転しながら頭を上げる。体を起こす。そうすると重心がバイクの後ろに移動し、安定する。アンソニー・ホプキンスは彼自身の体を利用してバイクの動きを制御するのである。彼の肉体が完全にバイクと一体なのである。どれくらい頭を上げるとか何秒あげるとか、そんなことは数字では表現できない。「知識」にはならない。たが体が感じる一体感を肉体で受け止め、それに合わせるだけである。
 そういう一体感を生きる人間には、排気筒が過熱して足が火傷をすることなどなんでもない。排気筒が過熱で苦しんでいる。足だって火傷したって当然、という気持ちなんだろう。仲間が苦しんでいるときはいっしょに苦しむという知恵。そのことによって、いっそう一体感が強まるという知恵。
 ラストの新記録を樹立するときの走りは、今書いた、体を張って重心を動かしバイクをコントロールするということと、足の火傷を承知で走り続けるという二つのことによって達成されるのだけれど、この肉体の使い方、犠牲に仕方がなんとも気持ちがいい。無理をしているという感じではなく、できることがそれだから、そうするのだという自然な感じがする。知恵とはいつでも自然なものである。肉体のなかで蓄積されて、自然におもてに出てくるものである。
 この映画では具体的には描かれていないけれど、たぶんアンソニー・ホプキンスが演じた男は、あらゆる機会に自分の肉体を張って他人と接してきたのだろう。知恵を大切にし、他人と一体になって生きてきたのだろう。そういう生き方が、自然に他人の共感を呼び、親切さを引き出し、親切にしてあげたい、望むことはなんでもさせてやりたい、という気持ちを呼び込むのだろう。
 知識を生きる人間ではなく、知恵を生きる人間の美しさが、アンソニー・ホプキンスノ童顔、それから太った腹、ごつごつした手、短い足、というかスマートとは言えない肉体から滲み出ている。いい演技だなあ、と感心する。アンソニー・ホプキンスが嫌いだったひともぜひ見てほしい。新しいアンソニー・ホプキンスがスクリーンにいる。そして、きっと好きになる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 難波律郎『難波律郎全詩集』... | トップ | 佐伯多美子「睡眠の軌跡」 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あん)
2007-02-14 13:18:23
まあるい達磨のような体型も顔も、可愛かったです。
そういえば”童顔”でしたね。
接した人の善なるものを、引き出すようなじいちゃんでしたね。
こんにちは。 (masala)
2007-02-23 11:48:03
TBありがとうございます。
「世界最速のインディアン」はアンソニー・ホプキンスが演じたので成功したみたいですね。
実際のバート・マンローの写真を見ると、かなり癖のある人のようですので、ホプキンスの存在無くしては本作の成功は無かったみたいです。
これからも「masalaの辛口映画館」を宜しくお願いします。
こんばんは (カオリ)
2007-02-27 21:54:33
TBどうもでした!
人馬一体と言う言葉がありますが、それと同じような感覚でしょうか。愛車が自分と一体化しているというか。
アンソニー・ホプキンスはどうもレクター博士のイメージが強いようですが、いろんな役にチャレンジしてますし、素晴らしい俳優だと思います★
アンソニー・ホプキンス (panchan(谷内))
2007-02-27 23:31:33
いろんな映画にでていますね。私は「マジック」で顔を覚えた。
「冬のライオン」は見たけれど、まったく記憶にない。(キャサリーン・ヘップバーンの名演にみとれていたんだと思う。)
「日の名残り」もよかったなあ。
こんばんわ。 (michi)
2007-03-03 20:45:47
TBありがとうございます。
私からのTBが不調のため、コメントにて失礼いたします。

公開寸前まで先住民・インディアンの物語だと思っていました。
勘違いに気付いてよかったです。。。

>彼がバイクであり、バイクが彼である。

ホント一心同体でしたよね。
人生をかける出来事に出会えて、
永遠に青春真っ只中のバードが羨ましかったです!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
世界最速のインディアン (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
いつかはクラウン...ってのは下世話だけど、僕もバイク好きだから、一応、バイカーとしてはいつかはハーレー..とか言うモンなのはわかる。 でもインディアン!! つまり、コカコーラよりもドクターペッパーに魅力を感じる
世界最速のインディアン (描きたいアレコレ・やや甘口)
なんて、チャーミングなじい様なんでしょう! アメリカ、ユタ州のボンヌヴィル塩平原で、赤い子クジラのようなバイク”インディアン”がビューンと疾走し、スピードメーターの針が信じられない数値を指した時、一斉
★「世界最速のインディアン」 (ひらりん的映画ブログ)
2007/02/03劇場公開日のナイトショウで鑑賞。 オートバイの世界記録を作ろうとするジイさんのお話・・って事は、 予告編見て知ってます。
世界最速のインディアン (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ニュージーランド南部の小さな町、インバカーギルに住むバートは、小さな小屋のような家で独りで貧しい生活をしています。そんな生活の中で夢見るのは、米国ボンヌヴィルの大会で自分で改良を重ねた愛車、インディアン(ネイティブ・アメリカンのことではなく、かつてハー...
『世界最速のインディアン』 (京の昼寝~♪)
惚れた。信じた。追いかけた。   ■監督・脚本 ロジャー・ドナルドソン■キャスト アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド、ポール・ロドリゲス、アーロン・マーフィー、アニー・ホワイト □オフィシャルサイト  『世界最速のインディアン』  ニュージー...
世界最速のインディアン (悠雅的生活)
夢は、人生は果てしない。
BORN TO RUN !「世界最速のインディアン」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
その永遠の5分に。BORN TO RUN、まさに走るために生まれてきた !!「世界最速のインディアン」傑作です !! 物語・63歳にして世界最速に挑む男、バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)。彼
「世界最速のインディアン」 The World's Fastest Indian (俺の明日はどっちだ)
ニュージーランド南端の町、インバカーギル。小さな家に独りで暮らしている初老の男バート・マンローは、40年以上も前のバイク“1920年型インディアン・スカウト”を自ら改造し、ひたすら速く走ることに人生を捧げてきた。そんな彼の夢は、ライダーの聖地、アメリカのボン...
応援したくなるじーさん 「世界最速のインディアン」 (平気の平左)
評価:70点
感想/世界最速のインディアン(試写) (APRIL FOOLS)
評判の良さに釣られてみたら、マジ、最高! ジジイの青春に涙キラリな『世界最速のインディアン』2月3日公開。ニュージーランドのバート翁、御歳60オーバー。日々、1920年式バイク「インディアン」のカスタムに明け暮れ、やがて世界最高速を目指してスピードトライアルの...
世界最速のインディアン (Good job M)
公開日 2007/2/3監督・脚本:ロジャー・ドナルドソン出演:アンソニー・ホプキンス/ダイアン・ラッド/アーロン・マーフィー 他【あらすじ】ニュージーランド南部の小さな町、インバカーギル。小さな家に独り暮らしているバートは、40年以上も前に買ったバイクを自分の手...
世界最速のインディアン (eclipse的な独り言)
 期待なしに見てきました。でも良かったです。今年はあまり外した映画ないですね。
『世界最速のインディアン』 (Sweet* Days)
CAST:アンソニー・ホプキンス 他 STORY:ニュージーランドに暮らすバート(アンソニー・ホプキンス)は63歳。彼は、バイクの聖地、アメリカのボンヌヴィルで、何十年もかけて改造した「インディアン」で世界最速記録をうち立てるのが夢だった・・・ 60歳を越え...
世界最速のインディアン (ネタバレ映画館)
舌下錠で絶好調!
『 世界最速のインディアン 』 (My Style)
『 世界最速のインディアン 』鑑賞。 ニュージーランドの最南端から、とてつもない男がやってきた。 バート・マンロー、63歳。若くはないし、金もない。 しかし彼には愛するマシン“インディアン”と、 誰にも負けない情熱があった。 これは、奇跡のような大記録に挑戦し...
『世界最速のインディアン』生きるとは夢に生命を燃やす事。 (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
まっすぐ、前だけ見てひたすら突っ走る。彼はまだ62歳。夢見て叶えるために年齢は関係ない。必要なのは情熱と人を愛する心───
『世界最速のインディアン』 (ラムの大通り)
↑写真は撮影で使われた1920型インディアン・スカウト復元モデルです。 (原題:The World's Fastest Indian) ----このタイトルってどういう意味? 陸上かなにかで速く走ったインディアンの話? 「ね?よく分からないよね。 まさかアンソニー・ホプキンスが ネイティブ...
映画『世界最速のインディアン」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 築地のソニーピクチャーズ試写室にて、アンソニー・ホプキンス主演の「世界最速のインディアン」を見た。 この作品は、10月に行われた「第十九回 東京国際映画祭 特別招待作品」として上映されているので御覧になった方もいるのではないでしょうか。 映画の話は、...
映画@世界最速のインディアン/THE WORLD'S FASTEST INDIAN (sattyの癒しのトビラ)
ニュージーランド、バート・マンロー、63歳 若くはないし、金もない。。  しかし彼には愛するバイク“インディアン”と、 誰にも負けない情熱があった 惚れこんだ1台のバイクを40年もかけて独力で改造したバート 彼はライダーの聖地、アメリカ、ボンヌヴィルで開催され...
映画~世界最速のインディアン (きららのきらきら生活)
 「世界最速のインディアン」公式サイトチラシからも、予告からもあーんまり惹かれなかった作品。。。60歳を超えてもライダーとしての夢を追い続けた実在の人物、バート・マンローをモデルに作られた感動の人間ドラマ。ニュージーランドで暮らすバート(アンソニー・ホプ...
世界最速のインディアン (B級パラダイス)
実在した人物、バート・マンローの物語。主人公マンローを演じたのはアンソニー・ポプキンス。長い話でしたがとてもおもしろくまた素晴らしい作品でした。
映画「世界最速のインディアン」 (don't worry!な毎日)
 ニュージーランドの小さなな街に住むバーとは、年金で暮らしている。 その年金を少しずつ溜めているのは、いつかかなえたい夢があるからだ。 その夢とは、40年以上も前に手に入れたバイク、インディアン号で、 世界最速のスピードの記録を出すこと。 その大会はア...
「世界最速のインディアン」 (古今東西座)
好きだなぁ、この映画、と言うかこの人。 人生の全てをなげうって夢を実現するために生きている。バート・マンローの夢はお手製の改造バイクで世界最速記録を出すこと。その舞台に進むにはニュージーランドの片田舎からスピード記録大会が行われるアメリカのボンヌヴィル...
世界最速のインディアン (八ちゃんの日常空間)
THE WORLD'S FASTEST INDIAN [銀座テアトルシネマ/前売り観賞券] 公式サイト 『惚れた。信じた。追いかけた。』 随分前から予告編を観ていただけに、ずーっと気になっていたんだけど、なかなかチャンスがなくて…。やっとこさ観賞です。最初はたしか東京国際映画祭...
世界最速のインディアン (5125年映画の旅)
ニュージーランドに暮らす63歳の老人バート・マンロー。彼は2輪車での最高速度レコードのオーストラリア記録保持者だった。年老いた彼の夢は唯一つ。愛機「インディアン」がどれだけの速度が出せるのかを知る事だった。彼は夢をかなえる為に、ライダーの聖地、アメ...
世界最速のインディアン (とんとん亭)
「世界最速のインディアン」 2007年 米/新西蘭 ★★★★★ 車やバイクにそれほど興味がないせいもあり観ようかどうしようか大いに迷った 作品。 折りしも本日自動車免許の書き換えで講習を受け、「昔と違って今の車は激突 するとエアーバックが作動し...
「世界最速のインディアン」感想と、バートマンロー本人写真・経歴 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
世界最速のインディアンを見て来ました。 良い人ばっかりが次々現れるし、上手いこと行きすぎ?な感もあるのですが、それでも軸になる部分は信じられないけれども「実話」なんです。ラストに出る字幕で、またもうひと
世界最速のインディアン/アンソニー・ホプキンス (カノンな日々)
爆走するレクター博士、踊るレクター博士、セクシーなレクター博士、お茶目なレクター博士にいっぱい会えました(笑) なーんて、アンソニー・ホプキンスといえばレクター博士という図式で凝り固まっていた私の頭を見事にリセットしてくれました。ちょっと変わり者ではある...
『世界最速のインディアン』 (試写会帰りに)
『世界最速のインディアン』(『THE WORLD'S FASTEST INDIAN』) インディアンとは主人公の名前ではなくて、バイクのこと。 それも、スピードを出すだけの為に、特別に改造されたスーパー二輪車。 愛車インディアンを駆るのは、63歳のバート・マンロー。 果たして、世界記...
世界最速のインディアン (ビター☆チョコ)
ニュージーランドで暮らすバート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)には40年来の夢がある。それは伝説のバイク「インディアン」で世界最高速度をだすこと。体は老いても、心は若い頃と同じ熱いまま。年金暮らしのバートは倹約を重ね、廃品でバイクを改良して、バイ...
世界最速のインディアン (It's a Wonderful Life)
いや~この映画なんかいいですね。好きだなぁ。 結構ダラダラしてて冗長だったり、マイナス面もある作品なんですけど、 そんな事は全然気にならない幸せな気分になってくる ロードムービー。 こういう人との関りあいの楽しさを描いた作品って元々好きなんですけ...
世界最速のインディアン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
好きなものに夢中になれるのってすっごく幸せなんだなぁ~・・・ニュージーランドの南端の小さな町インバカーギルに住むバート・マンロー・・・年金暮らしの老人の夢は長年一緒だった1920年式インディアン・スカウトでアメリカのボンヌヴィル塩平原を舞台に最高スピー...
世界最速のインディアン(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ロジャー・ドナルドソン 【出演】アンソニー・ホプキンス/クリス・ローフォード/アーロン・マーフィ/クリス・ウィリアムズ/ダイアン・ラッド/パトリック・フリューガー 【公開日】2007/2.3 【製作】アメ
『世界最速のインディアン』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
ニュージーランド南部の小さな町、インバカーギル。小さな家に独り暮らしているバートは、早朝からバイクの爆音を轟かせる名物の老人だった。家族もなく、暮らしも貧しかったが、若い頃は優秀なエンジニアだった彼は、自ら改良したバイクで、数々の国内記録を残していた。...
地球の裏側から来た男 (CINECHANの映画感想)
31「世界最速のインディアン」(ニュージーランド、アメリカ)  ニュージーランドに住むバート・マンロー。63歳の彼は21才の時に出会ったバイク?インディアン?に惚れ込み、40年以上も独力で改造し続けてきた。この中古マシンで一体何キロが出せるのか? マシン...
世界最速のインディアン (シャーロットの涙)
惚れた。信じた。追いかけた。
世界最速のインディアン(05・ニュージーランド・米) (no movie no life)
記録よりも、あの局面で「上体を上げた」勇気に白旗。 ニュージーランドに住むスピード狂のバイク乗り、老人バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)。オートバイ最速の世界記録を破るため、愛車「インディアン」とともに長年の夢であったアメリカ・ボンヌビル塩平...
世界最速のインディアン (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  惚れた。 信じた。 追いかけた。         評価:★9点(満点10点) 2005年 127min 監督:ロジャー・ドナルドソン 主演:アンソニー・ホプキンス クリス・ローフォード アーロン・マーフィ 最強ジイちゃん、バ...
【MOVIE】世界最速のインディアン (思いつくままに)
■感想など 目玉焼きの両面焼きは、「Easy Over」 ニュージーランドに住む、バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)は、自分の 持つバイク「インディアン」で世界最速の記録を出すことを夢見る老人。 アメリカのボンヌヴィル平原で行われる大会への出場を望むが、大金...
「世界最速のインディアン」 生き方上手 (はらやんの映画徒然草)
「5分が一生に勝る」 「夢を追わない男は野菜と同じだ」 映画の中でバートがぽつり
世界最速のインディアン(ニュージーランド/アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
ヤベッ! うっかりしてた! けっこー評判いいこの映画を見逃すところだった! ということで、あわてて「世界最速のインディアン」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:アンソニー・ホプキンス 、クリス・ローフォード 、アーロン・マーフィ、クリ...
映画「世界最速のインディアン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「世界最速のインディアン」 60歳を超えてもライダーとしての夢を追い続けた実在の人物、バート・マンローをモデルに作られた作品。 ニュージーランドで暮らすバート(アンソニー・ホプキンス)の夢は、伝説のバイク“インディアン”でライダーの聖地アメリカ...
「世界最速のインディアン」 (Cinema Chips)
この映画も実話だそうです。ニュージーランドの最南端の町インバカーギルに住む63歳のバート・マンローさんと言う男性が、長年、夢に見続けていたアメリカ・ユタ州のボンヌヴィルに有るスピードレースのメッカ「塩平原」
世界最速のインディアン/THE WORLD'S FASTEST INDIAN (2007) (MoonDreamWorks★Fc2)
監督・製作 : ロジャー・ドナルドソン 出演 : アンソニー・ホプキンス  /ダイアン・ラッド /ポール・ロドリゲス
世界最速のインディアン(映画館) (ひるめし。)
惚れた。信じた。追いかけた。
[ 世界最速のインディアン ]63歳、初挑戦、世界最速 (アロハ坊主の日がな一日)
[ 世界最速のインディアン ]を新宿で鑑賞。 63歳で世界最速を記録した実在のライダー、バート・マンロー。60歳をこえても、彼のように夢を追っているオトコには憧れてしまう。でもたぶんボクは、せいぜい人より多く惰眠を貪り、人より多く夢を見ているぐらいがいい所だ...
『世界最速のインディアン』'05・ニュージーランド・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじニュージーランドで暮らすバート(アンソニー・ホプキンス)の夢は伝説のバイク“インディアン”でライダーの聖地アメリカのボンヌヴィル塩平原で世界記録に挑戦することだったが・・・。感想インディアンは差別語だからネイティブ・アメリカンじゃないのか?と思...