詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

池井昌樹「種子」

2017-07-01 11:51:54 | オフィーリア2016
池井昌樹「種子」(「現代詩手帖」2017年07月号)

 池井昌樹「種子」は「連載詩・未知」の最終回の四篇のなかの一篇。

死はめをさまし
死はふたばして
死はえだになり
死はみきになり
死はおいしげり
死はちりしかれ
死はめぐりゆき
死はめぐりきて
めぐりのはての
つぶらなひとみ
死はめをとじて
死はみちたりて
やすらかにいま
はなひらくとき

 読み始めてすぐに「死」が「木」に見えてくる。「ふたばして」「えだになり」「みきになり」ということばが「木」につながる。
 でも、なぜ「死」なのだろう。「生/いのち」の方が読みやすくないか。「木」にすっきりと重ならないか。
 「ちりしかれ」は「木」というよりも「枯れ葉」を連想させる。「枯れ葉」は「死」なのかもしれないが、それまでは「生きている」。
 生きているものを「死」ということばで象徴するのは、なぜなのだろう。

 「死は」とはじまる行が、突然「死」を放棄して、「めぐりのはての/つぶらなひとみ」という二行になる。
 「めぐり」は「死」と言い換えられるか。
 微妙だが、言い換えられないことはない。
 そして、言い換えようとするとき、「死」ではなく「生」と言い換えることもできると思う。「生」を「いのち」と読ませれば、「めぐる」のは「死」ではなく「いのち」という気がしてくる。
 「木」、成長する木は「いのち(生)」の象徴である。それを「死」と呼んで、池井は詩を書き始めているのだが、「死はめぐる」と書いたとたんに、「生(いのち)はめぐる」ととすりかわってしまう。
 「めぐる」という「動詞」が入れ替わりをうながすのだろう。「円環」になる。最初と最後が重なる。「ひとつ」になる。
 「死」は、めぐり、「生(いのち)」に重なる。生まれ変わる。
 「死はめをとじて」は「生はめをとじて(死ぬ)」であり、「死はみちたりて」は「「生はみちたりて(満足して)」であると同時に、死の瞬間、その「死のなかに新しい生(いのち)が満ちてきて」でもある。
 「はなひらく」のは「死の生涯が記憶として花になる」というよりも、「新しいいのちの花がひらく」という感じがする。

 最初の一行に戻るのだ。

 「死はめをとじて/死はみちたりて」、その瞬間に、「死は、いのちとしてめをさまし」ということだろう。
 死と生は、あるいは生と死は区別がつかない。いや、区別できない、区別してはならないものなのだ。死と生、生と死は「結晶」している。その結晶が「種子」ということ。「種子」のなかには「死と生」が同居している。
 しかし。
 こんなふうに要約してはいけないんだろう。
 「種子」ということばを捨て去り(忘れ去り)、ただ「めぐりのはての/つぶらなひとみ」になってしまうことが大事なのだ。
 だから、というのはかなり変な「論理」の展開になるが、タイトルは「種子」というのは、ちょっとまずい。
 何もない方がいい。
 この「めぐり」のはてに、読者が何をつかむか、それは「種子」ということばで限定されるのはつまらないと思う。「種子」に限定されると、「象徴詩」になってしまう。

 もう少し書きたい。
 「めぐりのはての/つぶらなつぼみ」の「つぼみ」は「ひとみ」であるかのように、私は「誤読」する。「つぶらな」ということばが「ひとみ」を呼び寄せるのだが、それだけではない。池井の、時間を超えて(生と死の限界を超えて)永遠を見つめる「視線」が「ひとみ」を呼び寄せる。
 「種子/つぼみ」が「ひらく」というより「め(目/ひとみ)」が開かれて、その開かれたひとみのなかで、ことばのなかで、「世界」があたらしく生まれ変わる。詩になる。



池井昌樹詩集 (ハルキ文庫)
池井昌樹
角川春樹事務所
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誤解を招きかねない? | トップ | 東京都民のみなさまへ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オフィーリア2016」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。