詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

池井昌樹「未知」

2016-10-29 09:10:57 | 詩(雑誌・同人誌)
池井昌樹「未知」(読売新聞夕刊、2016年10月28日)

 池井昌樹「未知」は、少し変わっている。「主役(主語)」がガリレオである。

ガリレオは街に出た
へんてつもない中世の街
いまはないいつもの街

 ただガリレオが主役といっても、中世のガリレオをそのまま書いているわけではない。評伝ではない。「いまはないいつもの街」の「いま」は現在の池井の生きている街。そこには「中世」はない。3行目を中心に考えると、池井がガリレオを追体験している。「いま」、「ここにはない」中世の街をガリレオになって歩いている、という具合に読むことができる。
 でも、ほんとうかな?
 ガリレオが中世の街を歩くとき、やはり「中世(いま)」にはしばられない「いつもの(永遠の)」街を歩くということがあるのではないか。
 池井が「いまはないいつもの(永遠の)街」を歩くことと、ガリレオが「いま(中世)はないいつもの(永遠の)街」を歩くことは、「いつもの(永遠の)」ということばのなかで溶け合い、ひとつになる。
 だから「主役」がガリレオか、池井か、と区別することは、意味がない。「いつもの」こそが、この詩の「主語」なのだ。
 その証拠(?)に、大切な「いつもの」は繰り返される。

天動説の空が展(ひら)け
眉間に深い皺(しわ)を寄せ
だからといって不機嫌でもなく
漆黒帽子に漆黒外套
おやガリレオさんごきげんよう
あいもかわらず錬金術かね
まいどおなじみのひやかしだって
なにくわぬ顔のガリレオは
タバコと燧(ひうち)を切らしましてな
いまもむかしもかわらない
空には雲が
頬には風が
あしたのことなどだれもしらない
あさって獄死することだって
ガリレオはまた空を見上げる
ああいい
いいなあ
それでも地球はまわっているか
へんていもないあとかたもない
いまもむかしもだれもしらない
未知なる未知なる未知なる未知へ
ガリレオは
眉間に深い皺を寄せ
空ゆく雲の下をゆく

 「いつものようにガリレオは」は文字通り「いつも」。ほかにも「まいどなじみ」「いまもむかしもかわらない」も「いつも」を言い換えたもの。そして、その「いつも」を「永遠/普遍」と読み替えるならば「あしたのことなどだれもしらない」の「だれもしらない」も「いつも」なのである。だからこそ「いまもむかしもだれもしらない」とも言いなおされる。「いまもむかしも」区別なく、「いつも」「だれもしらない」。それが「永遠」。それが「普遍」。あるいはガリレオに敬意をあらわして「真理」といってもいいかもしれない。
 「いつも/永遠/普遍/真理」は「へんてつもない」とも言い換えられている。かわったことではない。かわったことではないからこそ、人を支える。全ての人を支える。ガリレオを支え、池井を支え、ガリレオに挨拶し、冷やかす人をも支える。
 その「いつも/永遠/普遍/真理」を池井は、さらに「未知」と言い換える。「未知」、いまだ知らない。「だれもしらない」。知っているけれど、「未知/しらない」としか呼べないもの。
 禅問答みたいだけれど。
 で、何も知らないのだけれど、知らないといいながら知っていること。

空には雲が
頬には風が

ああいい
いいなあ

 この4行がすべて。
 空の雲を見つめ、頬に風を感じ、「ああいい/いいなあ」と思わず声が出る。そのときの「声」ってだれの声? もちろん、それを発した人の声だけれど、その人だけにとどまらない。どこか「肉体(いのち)」が引き継いでいるDNAの声という感じがするなあ。
 「いま」なのだけれど「いま」ではない「いつもの」声。だれの遺伝子が肉体のなかを動いて「ああいい/いいなあ」という声になっているのか、だれも知らない。けれど、だれもが「わかっている」。
 こう読むと、「いつも」の池井があらわれてくるね。


池井昌樹詩集 (ハルキ文庫 い 22-1)
池井昌樹
角川春樹事務所
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「袋」って、どんな袋? | トップ | 千人のオフィーリア(メモ5) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

詩(雑誌・同人誌)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。