詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

「嵯峨信之全詩集/時刻表(1975)」を読む(3-26)

2017-05-26 11:11:34 | 自民党憲法改正草案を読む
「嵯峨信之全詩集/時刻表(1975)」を読む(3-26)(2017年05月26日)

51 *(ぼくの生命は尽きるだろう)

 「ぼくの生命は尽きるだろう」という書き出しではじまり、

ぼくにとつて死のむこうの出来事のように

 という一行で終わる。その間に「火になろうとして土になつた」という連と「一瓶の葡萄酒の描写がある。「現実」が「意識」をまじえて描かれるのだが、それは「現実」ではなく「死のむこうの出来事」である。
 「尽きるだろう」という「意識」が「現実」を「現実」ではなくさせる。嵯峨はいつでも「意識」を描いている。

52 *(雷死)

雷死
現実はなによりもそこを一歩越えている

 二行の死。「雷死」ということばがあるかどうか知らない。私は嵯峨の詩ではじめて見た。「読み方」はわからない。
 雷に撃たれて死ぬ。感電死。一瞬のできごと。「現実」はその「一瞬」を「一歩越えている」。どこへ? どんなふうに?
 直前の詩の、「死のむこう」ということばが気になる。
 ひとは自分自身の「死」を体験することができない。「体験」というのは、たぶん、繰り返しのことなのだ。繰り返すことで納得する。それができないのが「死」。
 死が体験でないとしたら、では何なのか。
 「予測/予感」だろう。
 現実を見ながら、「予測/予感」する。現実は、そうやって死とつながる。つなぐことばが「詩」ということになる。まだ存在しないものを「ことば」にする。そのとき死に触れる。


嵯峨信之全詩集
クリエーター情報なし
思潮社

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加計学園文書 | トップ | 「嵯峨信之全詩集/時刻表(1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自民党憲法改正草案を読む」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。