詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

水の周辺12

2016-11-07 01:08:14 | 
水の周辺12



水を飲む
水に
飲まれる。

泳ぐ
泳がされる
流れを。



水に
飛び込びこめば、

水は吐き出す。
ふいの異物を。
吐き出されて
水を吐く少年。



泳ぎのこころえがあると
むずかしい。
どうしても
浮いてしまう。

だからポケットに
石。



苦しみに弱い
ものでできている。

否定できない
反動を
おさえるために。



どこまで潜れば
水は重たくなるか。

重たくなる水と
増してくる浮力。

沈めろ。
論理を。
つぶせ。
論理を。



おぼれる。
おぼれたい。
おぼれる
くるしさに、
おぼれる
ゆえつ。



そろえられたもの、
そなえられたもの、
を、
濡らす。
濡れる。


『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中野量太監督「湯を沸かすほ... | トップ | 田中郁子「ぎぶねぎく」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。