詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

斎藤健一「家の人」

2017-06-15 10:42:48 | 詩(雑誌・同人誌)
斎藤健一「家の人」(「乾河」79、2017年06月01日発行)

 私は「動詞」がずれる文体が嫌いである。逆に言うと「動詞」がぶれない文体が好きである。安心できる。たとえば、斎藤健一「家の人」。

黒っぽい衣服に相似した端書を投函する。泥が予測と違
い乾いた外である。じっとしていると誰かが戸から飛び
出したのである。粉をこねる一軒のうどん屋がある。春
風がいま子供の汚れ襟だ。屋根のあわさる曇天。そこは
トタン張りで草が生いしげる。縁側のランプ。下を照ら
し見ている。

 基本的に一文にひとつの「動詞」。「ひとつ」だから、ずれようがない。しかし、厳密に読むと「動詞」は「ひとつ」ではない。

黒っぽい衣服に相似した端書を投函する。

 「相似する」という動詞が連体形で「相似した」につかわれている。これと「投函する」という「動詞」がある。二つの「動詞」は「端書」によって結びついている。この結びつきを成立させているのは何か。書かれていないが、「私(斎藤)」が「相似している」と認め、「私(斎藤)」が「投函する」。二つの「動詞」が斎藤によって結びついている。書かれていないが、表面上には出ていない「主語」があり、「主語」が全体を統一している。その統一のもとに「動詞」が、そのときそのとき、あらわれてくる。その「動詞」によって世界が生まれてくる。
 先日見た貞久秀紀の詩でも「動詞」といっしょに世界が生まれてくるのだが、どうも奇妙な具合にねじれている。そのねじれが「個性」といえばいえるのだが、ねじれるときの「主語」と「動詞」の関係が、私の「肉体」ではついていけない。
 斎藤の場合、どうか。

泥が予測と違い乾いた外である。

 一行目から飛躍がある。その飛躍は句点「。」によって明確に記されている。飛躍した上でことばが動いている。飛躍に「自覚」がある。これが「ずれ/ねじれ」を真っ直ぐにする。「混沌とした世界」から、「明瞭な世界が生まれる」。その「生まれる世界」は「連続」していると同時に、「切断」している。様々な「切断(独立)」を支えるものとして、世界を「生み出す」ときの主体としての「私」というものがある。
 言い換えると。
 この文には、やはりいくつかの「動詞」がある。「予測」は「名詞」だが「予測する」という「動詞」から派生したものである。「予測する」と読み直すことが可能である。「私」が「予測する」。そして、その「予測」がはずれたことを発見する。「違い」という「名詞」はまた「違う」という「動詞」から生まれている。「違う」が「私」に跳ねかえってくる。その結果「乾いた外である」ということを発見する。「……である」というのは単なる客観描写ではない。「主体(私/斎藤)」が発見したもの。言いなおすとことばによって生み出した「事実」である。これを「発見」という。
 この発見のために「切断」という飛躍が必要なのである。「切断(飛躍)」を終えて、そのあとで「接続」がふたたび始まるのである。
 常に「私(主体)」が「動詞」をしたがえて「世界」を生み出し、ことばによって「世界」が定着させられている。「世界」にはさまざまな様相がある。斎藤は、それを強烈な「断片」として提出している。「断片」の衝突が、そのまま「接続」(連続)の激しい衝動になる。

春風がいま子供の汚れ襟だ。

 という一文の強さは手ごわい。「春風」を発見するまでに、斎藤はさまざまなものを発見している。「黒っぽい衣服」(冬)、「泥(雪解けの泥)」(春先)、「戸から飛び出す」ときの「主語」が「誰か」というのは、「名前が斎藤にとって明確ではない存在」ということである。「未知のひと」。これは「子供」へとつながる。「子供」とは「世界」において「名前」が確立されていない存在である。それが「飛び出す」。ここに「春」の躍動がある。「春」が「飛び出す」と言い換えることもできる。「うどん屋」の「こねる」は「泥」を参照しながら、混沌から明瞭へと世界を転換する。やっぱり「春」だ。「春の光」が動くのである。「春風」は、ここではとても自然だ。
 冬のあいだはきつく絞められていた「襟」が「春風」によってゆるめられる。そこに「汚れ」を発見する。それは「雪解けの泥」と同じようなものだ。固く閉ざされていたものが、溶ける。そのときにみえる「汚れ」のようなもの。その「汚れ」は輝かしい。その「輝かしさ」を斎藤は発見し、生み出している。
 もちろんこの動きは「一直線」ではない。往復しながら進む。だからこそ、「縁側のランプ。下を照らし見ている。」という具合に、いったん引き返しもするのである。
 「動詞」の動きは、往復を含み、複雑である。しかし、「ねじれ」「ずれ」はない。真っ直ぐにこだわっている。真っ直ぐではなく、曲線にこそ真実がある、という見方もできる。しかし、そのときも「動詞」は真っ直ぐでなければならないと私は思う。どんな曲がりくねった道を歩くときも、あるいは何回角を曲がろうとも、ひとは「真っ直ぐ」にめざしているものへ向かっている。
詩を読む詩をつかむ
谷内 修三
思潮社
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィリップ・ガレル監督「パ... | トップ | 佐々木洋一「ねんぶらん」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。