詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

鏡順子『耳を寄せるときこえる音』

2017-07-13 01:26:33 | 詩集
鏡順子『耳を寄せるときこえる音』(栗売社、2017年07月09日発行)

 鏡順子『耳を寄せるときこえる音』の巻頭の作品「洗濯屋」を読み始めてすぐ、ことばのスピードが独自であることに気づく。どこが独自かはすぐにはわからないが、あ、このスピード感、何かが違うと「肉体」が反応してしまう。

洗濯屋と
ペンキで書いてあった
それだけが のこっている

 どこが「独自」なのか。まず「洗濯屋」ということばだろうなあ。いまは「洗濯屋」なんて見ない。読んで「意味」はわかるけれど、読んだものが私の肉体には見えてこない。いまは「クリーニング屋」かなあ。「クリーニング屋」も、もう古いかもしれない。「肉体」が覚えているものを思い出さないといけない。「ペンキで書いてあった」も同じ感覚。そんなもの、最近は見ない。
 そういうことと「それだけが のこっている」ということばの、不思議な連絡がある。何かが、「いま」とは違う。
 これは詩が書かれた年代と関係があるかもしれないけれど、私にはそれだけではないような気がする。

川に沿って歩きながら
石けんのあわが
ときおり廃水にまざって流れてくるのを
見ている
向こうの川べりでは
太った女が 身を屈めて
なにかしている
そののろく感じられる動作は
野菜の皮をむいているのだとわかる

 ここには反芻がある。最初に登場する「見ている」は川を見ている。石鹸の泡とか、何かが流れてくる。その「見ている」はそのまま女の姿を「見る」にかわる。そして「なにかしている」と気づく。そのあと「野菜の皮をむいているのだとわかる」とことばが動く。「見ている」から「わかる」への変化が、不思議な反芻の形で書かれている。
 この「見ている」から「わかる」への変化、それを反芻の形で書くときのことばのスピードが独自なのだと思う。「見ている」を「わかる」へと言いなおす、その反芻のあり方がたぶん独自なのだ。
 読み進むと「妊婦」という作品に出会う。その三連目。

階上の部屋から
脱水機の
低く
うなる音が
きこえてくる
きいていると
いつまでも続く

 ここでは「きこえてくる」を「きいていると」という形で反芻している。「きいていると」がなくても、「意味」はわかる。脱水機の音がいつまでも聞こえる。ずっと脱水機をつかっているのだ。
 何がことばのスピードを落しているかというと、「きこえてくる」を「きいている」と言いなおすからだ。そんな音なんか「きかなくていい」。実際、聞きたくないだろう。うるさいのだろう。それなのに「きいている」。
 脱水機が回りつづけているだけではない。鏡が聞きつづけている。鏡を脱水機の音の方に身を寄せているのだ。
 「洗濯屋」でも同じだ。鏡はただ川を「見ている」だけではない。女を「見ている」だけではない。女の「のろく感じられる動作」に身を寄せている。鏡の肉体の記憶を重ね合わせている。そうして「皮をむいている」のだと「わかる」。
 「妊婦」で言いなおしてみると、脱水機の音が聞こえてくる。その音に身をよせて聞いていると、それが「いつまでも続く」ということが「わかる」。
 女が皮をむいていることも、脱水機が回りつづけていることも、「わからなくてもいい」ことがらである。けれど、鏡は「わかる」。「わからなくてもいい」ことを「わかる」ために、そこでことばが「不経済」につかわれ、そのために遅くなっている。
 それが「独自」なのだ。
 「わからなくてもいい」ことなんか「わからない」ままにして、もっと効率よく生きればいいじゃないか、というのが「現代」の人間の生き方である。
 この感じは詩集のタイトルとなっていることばが出てくる「弟」を読むと、いっそうはっきりする。水たまりにオタマジャクシがいる。

 大きな食用蛙のおたまじゃくしだ。
 少し大きくなったのが、そばにいる小さいのを食べて
いる。耳を寄せると、その音がきこえる。

 そのとおりなのだろうが、思わず、そんな音なんか聞かなくたっていいだろう、と思ってしまう。こんなことを書くと、詩が詩でなくなるかもしれないが、変でしょ? 鏡が水たまりに耳を寄せて、なにか音が聞こえる。あ、この音はオタマジャクシがオタマジャクシを食べている音だと「わかる」というのは。
 だいたい、それって「正確」な「事実」?
 いやあ、「正確な事実」であるかどうかはわからない。けれど、あ、鏡が「音を聞いた」ということ、そしてそれを「オタマジャクシがオタマジャクシを食べている音」だと「わかった」ということが「事実」としてあらわれてくる。
 「事実」になる。
 ここが、すごい。
 「事実」というのは「客観的」であるかどうかは関係がない。「事実」ははじめからそこにあるのではなく、「事実」になる、「事実」として生まれてくることなのだ。
 「事実」を生み出すために、鏡は「身を寄せる」。
 「弟」では「耳を寄せる」と書いているが、鏡が何かに寄せるのは「耳」だけではない。「洗濯屋」では「見る」という動詞が動いていた。そこでは「目」が寄せられている。目が女の動作に「寄せられ」、そこでは鏡の「肉体」全体が女の動作を反芻し、皮をむくという「肉体」そのものをつかみ取る。

 詩集のタイトルはたいていの場合、詩集に収められている作品のタイトルを流用するが、この詩集では詩の中の部分を取り出している。だれが決めたタイトルかわからないが、これはこの詩集の場合、ぴったりとおさまっている。とてもいいタイトルだと思う。鏡のことばの運動そのものの「キー(思想)」を取り出している。

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柿沼徹「犬」「雲」 | トップ | 自民党の情報操作(加計学園... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

詩集」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。