詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

藤井貞和『美しい小弓を持って』

2017-08-13 13:32:10 | 藤井貞和『美しい弓を持って』を読む
藤井貞和『美しい小弓を持って』(思潮社、2017年07月31日発行)

 藤井貞和『美しい小弓を持って』を読みながら、「現代詩は難解である」という定義、あるいは批判(非難)を思い出した。私は「難解」というようなむずかしいことばは苦手で、うーん、わからない、と言うのだが。
 で、その「わからない」ということから藤井の詩を読んでみるとどうなるか。

 何が書いてあるかわからないというとき、私は「意味」をさがしている。「意味」とは「結論」のことである。あるいは「要約」と言ってもいいかもしれない。
 「結論」と「要約」は同じものである。なぜか。結論は単独では存在せず、論理過程と一体になって成立するものだからである。
 だが、詩人が書こうとしているものが「結論」でも、「結論への過程」でもないとしたらどうだろう。
 「わからない」は「結論」を探すから「わからない」。「結論」や「結論への過程」を探さなければ、「わからない」は成り立たない。
 こういうことを「詭弁」というかもしれないけれどね。

 でも、ことばは「結論」を目指さなくても、存在する。
 あ、これは、言い過ぎかなあ。
 「結論」が何かわからないままでも、ことばは発することができる。「結論」は予測がつかない。でも、なんとなくことばを言ってしまう、ということはある。
 「結論」を探すことをやめて、そこに書かれていることばだけを見ると、どうなるか。詩集のタイトルにもなっている「美しい小弓を持って」の、こんな部分。

同級生の「おみくじ」といったら、ひどかった。
「A 絵だ、B 美だ、C 詩だ、D 泥だ、
さあどれよ、引いてみな」って、
引いても引いても D 泥だった。

 ABCはそのまま絵、美、詩なのに、Dだけ「泥」と違う音になっている。(「でい」と読めば同じ音になるが、ふつうは単独で「でい」とは読まない。)一音の意味のあることばが見つからなかったのだろうなあ。そこで「泥」。これは吉、凶の占いでいえば凶だろうなあ。そんなことはどこにも書いていないのだが、なんとなく、そう思う。このなんとなくそう思うときの感じが「わかる」だね。
 「D 泥」というおみくじは、他のに比べて見劣りがする。凶に違いない。というのは「誤読」なんだけれど、「誤読」が「わかる」ということ。つまり、そこでは「私(谷内」の思いが自然に動いている。「結論」なんかを探さず、瞬間的に、動いてしまっている。
 だから、どうなんだ、と言われると、どうということはないのだけれど。
 で、このあと、

弦を叩いてかがみのおくにかげの見える人、
歌人の言う、あなたはけさ行かないほうがよい。
かげを認めると、烏(からす)が鳴いているこれはあぶない、
子供が二、三人、けさは隠されるじつにあぶない。

 「あぶない」ということばに出会って、あ、これが「凶」か、と思い込む。

消されるかもしれない、あぶないぞ。

未知る季節に世は満ちる、ああそんなにあぶないのか。

迎え火があなたを手招きする、あぶないな。

みくじの読めないうらがわに置く あぶない。

 「あぶない」が次々に出てくる。
 「あぶない」は「現実」であると同時に「予感」。「事実」になってしまったら「あぶない」は存在しない。「事故」になる。あるいは「事件」ということもある。ようするに、「いま」がかわってしまう。「いま」のままではいられない。それが「あぶない」。
 あ、藤井は「あぶない」を書きたいんだなあと「わかる」。「あぶない」が「意味」をこえて迫ってくる。何が「あぶない」のかわらないが、藤井が「あぶない」と言っていることは「わかる」。
 そして、この「わかる」に、次の一行が重なる。

神ひとり、髪一本、分からなくなった。

 「意味」は「わからない」のだが、「分からない」ということと「あぶない」はどこかでつながっている。そのことを藤井が発見している。そのことと藤井が出会っている、ということが「わかる」。
 「うらない(みくじ)」というのは「わからないこと」を「わかる」ための方法。
 そして、そこで「わかる」のは「あぶない」だけである。世の中には「あぶない」がある。

 だから? それでどうした? それが「結論」?
 いや、結論なんかじゃないのだけれど、ことばは面倒くさいものであって、どんなことでも書いてしまうと、そこに「論理」ができ、論理は「結論」を捏造してしまうものである。
 「わからない(難解)」から書き始めたのに、「あぶない」が存在し、「あぶない」と予感して、藤井は何かを書いている、というようなことを簡単に言ってしまえる。
 「結論」が正しいか、間違っているか、そういうことは問題ではない。ただ、「結論」はいつでも捏造できる。

 でも、こういうことは、詩の喜びとは関係がない。
 詩の「思想」とも関係がないと、私は思っている。
 では、この詩の「思想」とは何か。

「A 絵だ、B 美だ、C 詩だ、D 泥だ、
さあどれよ、引いてみな」って、
引いても引いても D 泥だった。

 このことばのなかにある音とリズムだね。「意味」の否定があって、その否定と音が結びつき、さらにリズムをつくり、音楽になる。
「意味の否定」というのは、たとえば「A 絵だ」は「A=絵」ではないということ。でも、「B=絵」「C=絵」ということばの動きよりも「A=絵」に納得してしまうということ。ナンセンス。しかし、そこには不思議な「センス」もある。藤井の場合、その「センス」は「音楽のセンス」ということになるのかな?
 別なことばで言うと、読みやすい。「意味」はつながらない、「意味」はでたらめなのに、音が読みやすい。音が「意味」とは別の統一感を持って動いている。

 こんなことを書いても詩の感想にもならないし、ましてや批評にはならないとひとは言うかもしれない。私もそう思うが、しかし、藤井の詩に向き合ったとき、最初に動くのは、いま書いたようなことなのだ。
 いま感じたことが、次の詩を読むとどうかわるのか、それはわからない。私は、そういうことを「決めたくない」。思ったことを「整えたくない」。垂れ流し続けたい。
 あすも(ただし気が変わるかもしれない)、つづきを書いてみよう。

 
美しい小弓を持って
クリエーター情報なし
思潮社
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自衛隊日報 | トップ | 藤井貞和『美しい小弓を持っ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ネットとオリジナル (steve vai)
2017-08-13 18:40:18
「『かげろう』
立ちのぼる かげろう
鮮烈なる陽射しの中で 摩天楼を凌駕する
幻のスクリーンは邪念の投影
愚かなる自身に制裁をあたえる
懺悔の余地もなく 断罪され
世の果てを かいま見る
言葉もなく 目を閉じ
あらがうすべもなく 天命を待つ
かげろうの中より 現れしもの
彼の視線の先を 追い求めた」

「『その名・・』
唯一の命を受け
その名に はじぬ生をいとなむ
けなげなる思いはまた
様々ないさかいの種をまき
心なき人々をつくりだす
天の声を聞くことを忘れ
欲望のままに生きる人々
来世へ続く道も知らず
俗なる轍だけを残す
心なき人々の生もまた
この世における唯一の命
来世へいざなわれし命
天は寛容なる心で
いかなる生も受け入れる」

「『夏の涙』
夏の始まりの雨はやさしく
光にとけて
傘を忘れた二人を輝く季節へ誘う
それは
天使の瞳から落ちる涙 
悲しみを癒すように
理由すらない いたみに 泣いている
夏の始まりの雨はやさしく
かわいた夢を潤す雫
輝く季節の扉へ導く
天使の羽をガラスのハートに閉じ込めて
彩られる街
雲は うす紫の尾をひいて流れ
この雨は 空の果て
天使の瞳から落ちる涙
淡く滲んで消える最後の雨の中
二人 見たものは 時空を旅する魂の軌跡
空に架かる きざはしは七色の放物線
二人 輝く季節へ・・」

「『雪・・』
気まぐれな雪のせいで
都会は混乱に足をとられ
喧騒の洗礼を受け 文明の罠にはまる
そう 僕達が信じているインフラは脆弱なんだ
文明の本質を目に焼き付ける
良い機会だと思えばいい
気まぐれな雪のせいで
すべての価値観はシフトする
自然に凌駕された文明を操る
小人達の ちんぷな永眠
墓碑銘なら いくらでも刻もう
僕達の自然
きがねなく雪を降らせて存在を示してくれ
それが 君の使命じゃないか」

「『化身』
温暖化で露出した資源を背景に
覇権復活をもくろむ かの国
美しき国は正義を掲げる
しかし 追随する国はなく
旗だけが風にたなびいている
人にあらざるなり
ジハードという神風に手をやいて
まともに息もできない
ドラゴンフライ 成層圏の希薄な空気
悟りはなく妄想は加速し
新たな冷戦が脆弱な世界を包み込む
温暖化の要因を垂れ流し その報いを受け
二様の道の選択を つきつけられる
かの国は常に美しき国を 悩ませている」

「『少女・・』
少女は知ってしまう
思いの中で螺旋に溶けた希求を
少女は見てしまう
掴んだ光が消えてゆく空の道を
追いかけた夢の欠片 時を彷徨う心は傷み
魂は幻に怯え いつわりを装う
虚しさだけが頼りない胸に溢れ
冷たい風が すべてを包んでも
禁断に宿る少女
夢の欠片が救われることを
ただ祈りながら
蒼ざめたレガシー 始まったエンドロール
(言外の景色)
徒花の咲く季節が
少女の名前を尋ね歩いている」

・・上記の詩「化身」は、当時、ロシアがプーチン政権になって、
資源を利用して経済を立て直して、ロシアと中国(ドラゴン)、
アメリカ(美しき国)と欧州、冷戦時代と同じ対立の始まりを書きました、・・

・・自分は、8年前に約一年、文月悠光さんと同じ、ネットの詩の投稿サイトに、
100作以上の詩を投稿していました、・・
・・当時、文月さんは、自分の詩から、「立ちのぼる」「投影」「・もまた」
「尾をひいて」「洗礼」「あらざるなり」などなど、かなり引用していました、
文月さんは高校生だったので、知らない言葉や、言葉の使い方などが、豊富じゃなくて、
かなり、やってました、自分より年齢が20歳近く下だったので、当然といえば当然ですけど、・・

・・その後、賞を受けた文月さんに、自分が書いた詩が「少女」(文月=少女)です、
「青ざめたレガシー=文学賞」「徒花の咲く季節=未来のないクリエイター」など、
文月悠光さんは、真のクリエイターなのか、疑問を書きました、・・
・・時分の疑問は、当たってた気がします、エンドロールは始まっている、・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

藤井貞和『美しい弓を持って』を読む」カテゴリの最新記事