詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

安倍の手口(天皇生前退位特例法成立後の動き)

2017-06-18 19:26:48 | 自民党憲法改正草案を読む
安倍の手口(天皇生前退位特例法成立後の動き)
               自民党憲法改正草案を読む/番外88(情報の読み方)

 2017年06月18日読売新聞朝刊(西部版・14版)は1面・2面に御厨貴の寄稿が載っている。「上皇・天皇・皇嗣の新時代」というタイトルがついている。
 このなかで御厨は、こう書いている。

 この国は明治150年を迎えて、初めて「天皇御一家三代おそろい」の形での移り変わりを体験する。

 「天皇御一家三代」とは何か。いま、「天皇-皇太子-愛子」という「三代」がある。「天皇-秋篠宮-真子・佳子・悠仁」という「三代」がある。しかし天皇が生前退位したあとの「上皇(今の天皇)-天皇(皇太子)-皇嗣(秋篠宮)」というのは「三代」か? 私の数え方では「二代」である。これが「三代」になるためには、

上皇(今の天皇)-秋篠宮-悠仁

 にならないといけない。
 つまり、

天皇-天皇の子供(男子=皇太子)-皇太子の子供(男子=天皇の孫)

 でないと、男子直系の「三代」にはならない。
 「皇位継承」ということで「天皇-皇太子-秋篠宮」なら、すでに今の皇位継承順位とかわらないし、そのあとに悠仁を結びつけるなら「四代」にわたって「継承」は決まっている。わざわざ「三代」に引き戻して論理を展開する必要がない。
 安倍は口をつぐんでいるが、安倍の選んだ「有識者会議」で「座長代理」をつとめた御厨が、安倍の「意向」を口にしてしまっているところが、なんともおもしろい。
 安倍は天皇を生前退位させたあと、皇太子を天皇にするが、それは「仮の天皇」であることがここからもうかがえる。「新しい天皇(皇太子)」を早く退位させ、「秋篠宮-悠仁」を「天皇-皇太子」という形にする、そうすることで「三代」の天皇継承をスムーズにする(?)という狙いが「生前退位特例法」にあったことを、明確に語っている。
 「新しい天皇(皇太子)」を早く生前退位させるためには、「定年制」は絶対に設けてはならない条項だったのだ。

 興味深いことはいろいろ書いてある。

(1)陛下は、戦後憲法の定めによる“象徴”としての公的行為の創設者である。
(2)問題は陛下創設の“象徴”としてのお勤めの総量・総体にある。
(3)(宮内庁は、公的行為はこれ以上軽減は不可能、限界であるといっているが)次代の天皇にも同様の限界論が生じる恐れはある。
(4)(専門家のヒアリングでは)次代の天皇が自ら「象徴としてのお務め」を新たに創出していくプロセスで、選択の自由を行使してもよいとの方向性を示唆していた。

 私は、これを「象徴としての務め」はいまの天皇が勝手に自分ではじめたこと。それをそのまま次代の天皇が引き継ぐ必要はない、といっているのだと読む。
 選択してもよい、とは、減らしてもいいということである。減らせば「総量」が減るから「限界」ではなくなる。
 というのは、みせかけの論理。
 天皇が国民と直に接触する機会を減らし、天皇と国民の密接な関係をなくしたいのである。
 「天皇(皇室)」を「皇居」のなかに閉じこめ、発言を封じる。これが安倍の狙っている「独裁」の理想像なのである。
 現在の天皇は「護憲派」と見られている。皇太子も天皇の考え方に近いようにうかがえる。秋篠宮は少し距離がある。なんといっても、「皇太子」として教育されていない。意識がちがう。その子供の悠仁は「象徴」につていも、「憲法」についてもまだ明確な考えを持っていないだろう。天皇になるための教育も行われていないだろう。早く悠仁を「摂政」にして、天皇(秋篠宮)を蚊帳の外におき、安倍が「天皇」として権力を奮うということである。
 御厨は、その安倍の欲望(意向?)を忖度して、こういう文章を書いたのだろう。
 末尾に、御厨はこう書いている。

「上皇陛下」「天皇陛下」「皇嗣陛下」と三代おそろいで極めて多彩な彩りを持つ天皇制度が、まもなく開花する。

 私は、この部分をこう読む。

 「上皇陛下」「天皇陛下」「皇嗣陛下」と「陛下」が三人もいては、「統一」した見解、行動はむずかしい。三人がばらばらな考えを実行に移すようでは国民が混乱する。「多様性」は「混乱」のもとである。だから三人の行動(国民との接触行動)は極力少なくし、安倍の考えだけが国民に伝わるようにする。「独裁」がスムーズに行われるようにするために、三人の行動を制限する。
 「独裁」が天皇の生前退位によって加速する、と読む。
 こういうことをごまかすために「多彩な彩りを持つ天皇制度が、まもなく開花する。」というような「美しいことば」がしめくくりに選ばれている。

 安倍は直接語らない。安倍の「意向」を語ってくれる人を選び、その人間に語らせる。見返りは「優遇」である。御厨がどんな「優遇」をこれから受けるのか(すでに受けているのか)知らないが、私は、そんな具合に「妄想」する。


#安倍を許さない #憲法改正 #加計学園 #天皇生前退位
 
詩人が読み解く自民党憲法案の大事なポイント 日本国憲法/自民党憲法改正案 全文掲載
クリエーター情報なし
ポエムピース
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米イージス艦衝突の報道から... | トップ | 金田久璋『鬼神村流伝』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自民党憲法改正草案を読む」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。