詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

「嵯峨信之全詩集/時刻表(1975)」を読む(3-5)

2017-05-05 14:43:30 | 『嵯峨信之全詩集』を読む

9 *(そう いつかぼくも捕えられるだろう)

そう いつかぼくも捕えられるだろう
冷えきつた円の中に

 「冷えきつた円」が何を意味するかは、わからない。何かの象徴である。「冷えきつた」と向き合うことばは、最後の方に出てくる。

骨をすりあわせて小さな火をおこすことを知りながら
ついにそのことなくぼくは終つた

 「火」、それも「骨」をすりあわせておこす火である。「骨」は死を連想させる。死へ向かって人間は生きている。「冷えきつた円」とは「骨(死)」のことだろう。
 「知りながら」は一種の矛盾。知っているけれど、骨をすりわあせて火をおこすことはしなかった。何かのために情熱的にならなかった、ということだろうか。情熱の炎に身をこがすこともなく、「ぼくは終つた」。
 これを、しかし、「ぼく」は悔いてはいない。書き出しの「そう」は肯定している。それは積極的な肯定ではないが、否定でもない。死というよりも、そういう「境地」にとらわれている、そういう「境地」のなかで詩を書いている。

10 含蝉の唄

その時 わたしは消えてしまつた一本の松明
あまりに自分自身を照らして燃えつきた松明にすぎない

 「松明」は自分自身を照らすことはない。それが「自分自身を照らして燃えつきた」。こうした言い回しは青春独特のものかもしれない。「すぎない」と否定しながらも、どこかでそれを肯定している。自己陶酔のようなものがある。それを象徴的に語るのが「一本」という限定である。「わたし」だけ、「一本だけ」という思いがどこかにある。「一本」が視線を「わたし」に集中させる。

何かがあまりに遠くてわたしはそこへ到りえないのか

 「何か」とは「何か」。「何か」という形で問うときにだけそこにあらわれる。もの。「何か」としか呼べないもの。
 「遠く」と「到りえない」は表面的には「同じ」意味をもっているのが、ほんとうに「遠い」わけではない。「物理的/距離的」には「近い」。おそらく「わたし」の「肉体の内部」、「わたしの肉体」が、その「場」を知っている。「知っている」けれど、それは「何か」ということばにしからない。

あるいは知らぬまにそこを通りすぎてしだいに遠ざつているのか
わたしにはそれがよくわからないまま日は過ぎていつた

 「到りえない」「通りすぎて」さらに「遠ざかる」。それは、みな、「同じこと」になってしまう。その「わたし」の「過ぎる」と「日は過ぎる」が重なるとき、「日/時間」そのものが「わたし」になる。「時間」が「わたし」であり、「わたし」が「時間」である。「一本」の松明の「一本」が「すぎる」という「動詞」なのかに動いている。
 この「時間」と「わたし」を「ひとつ」と感じることこそ、「青春」とうものかもしれない。


嵯峨信之全詩集
クリエーター情報なし
思潮社






『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党憲法改正草案を読む/... | トップ | 「嵯峨信之全詩集/時刻表(1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。