詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

天皇の「意思」が封印される

2017-01-03 18:19:47 | 自民党憲法改正草案を読む
天皇の「意思」が封印される
     自民党憲法改正草案を読む/番外63(情報の読み方)

 2017年01月01日の新聞を読み比べていたら、面白い見出し、記事に出会った。朝日新聞、毎日新聞(ともに西部版・14版)の一面、天皇の生前退位と特例法をめぐる動き。

朝日新聞
退位「固有の事情明記」へ/特例法で政府検討 先例化回避狙う

毎日新聞
天皇の意思 明記せず/特別立法 退位要件で政府方針

 別なことを書いているようにみえるが、同じことを書いている。「生前退位の要件」をどうするか。どう明記するか、政府が検討している。
 朝日新聞は天皇の意思については触れていないように見えるが、記事を読むと次のように書いてある。

政府は、仮に天皇を退位を制度化すれば、その要件の一つに「退位を望む天皇の意思」を盛り込まざるを得ず、天皇について「国政に関する権能を有しない」と定めた憲法に抵触する恐れがあると判断。このため、特例法だけでなく皇室典範改正でも、退位の要件化は困難としている。


朝日新聞は「天皇の意思を明記せず」を別な角度から言い直したもの、ということができる。
で。
意地悪な読者の私は、別のことをこの記事から読み取るのである。
まず「政府検討」(朝日)「政府方針」だが、有識者会議の考え方は? 無視していないか。有識者会議は、ただのお飾り。すべては「政府方針」通りに進んでいくということだろう。
 次に「天皇の意思盛り込まず」だが、これには別な要素があると私は読む。
「天皇の意思」を盛り込む(文書化する)ためには、天皇の意思を再確認しないといけない。天皇は「生前退位の意向」を持っていると言われているが、本当か。私は「安倍が天皇の生前退位をもくろんでいる」と見ている。天皇はほんとうは何を望んでいるか、「明文化」するのは避けたいのだ。「生前退位」ではなく「譲位」と天皇が言えば、籾井NHKのスクープ「天皇、生前退位の意向」が天皇の側(宮内庁側)ではなく、安倍の側からリークされたものであることが明確になる。天皇の意思が「象徴としての務めを次の天皇に引き継いでもらいたい、そのスムーズな引き継ぎをしたい」ということが明らかになれば、天皇の公務を縮小し、天皇と国民の接触を分断するという安倍のもくろみは破たんする。
だから「天皇の意思」ではなく、

陛下が重視してきた公的行為が、高齢などで困難になった一連の経緯を明記。ほかの天皇に当てはまりにくい個別の事情を記すことで将来の天皇の退位とは切り離し、皇位継承の安定性を維持する狙いがある。(朝日新聞)

ということになる。
「将来の天皇の退位とは切り離」すは、言い換えると、政府にとって都合のいい(言うことを聞く)天皇なら、何があっても退位させずに利用し尽くすということだろう。

関連して思うのは、今年は天皇の「新年の感想」がなかったこと。負担軽減という名目だが、ほんとうは「天皇のことばの封印」(口封じ)だろう。どんどん天皇の口封じを進める。そうして国民と天皇の接触を減らす、天皇がこころがけてきた「象徴としての務め」を封印してしまう、ということだろう。
天皇はほんとうに「生前退位」を望んだのか。「譲位」ということばで思いを語っていたのではないのか、というところから問題を見つめ直さないといけない。「思想」は「ストーリー=要約した意味」ではなく、ことばの細部に生きている。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木村孝夫『夢の壺』 | トップ | 粕谷栄市「厭世」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自民党憲法改正草案を読む」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。