詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

天皇生前退位

2017-06-02 10:20:08 | 自民党憲法改正草案を読む
天皇生前退位
               自民党憲法改正草案を読む/番外81(情報の読み方)

 天皇の生前退位法案が衆院委で可決された。
 読売新聞2017年06月02日朝刊(西部版・14版)の1面に次のくだりがある。

 菅氏は、特例法案で退位の対象を今の天皇陛下に限った理由について、「将来の政治・社会情勢や国民意識の全てを網羅した要件を定めることは困難」と説明した。その上で「(特例法案の)作成プロセスや基本的な考え方は、将来の(天皇の退位の)先例となりうる」との見解を示した。

 「見解」ということばがくせものである。菅個人の「見解」か、安倍政権の「見解」か。だいたい憲法を「解釈」で変えてしまう政権に「見解」というフリーハンドをあたえておいていいのか。
 「将来の政治・社会情勢や国民意識の全てを網羅した要件」というようなことを言い出せば、あらゆる法律が成り立たない。「現在の要件」から出発し、必要があれば改正するしかないのが法律というものだろう。
 「先例となりうる」ではなく、「先例とする」ということだろう。
 「先例」とした場合、どういう問題が出てくるか。

 また、菅氏は「天皇の意思を退位の要件とすることは、天皇の政治的権能の行使を禁止死する憲法との関係から問題がある」と指摘した。

 今後の天皇の「退位」については、特例法案が先例になる。ただし、天皇の意思表明は前提としない。前提としないことを明確にするために、天皇の意思によるものであるという文言は特例法案に盛り込まなかったということらしいが。
 私は逆に読む。
 天皇の退位の意思表明がないと天皇を退位させられないのであれば、不都合が生じるかもしれない。「意思」には「したい」という意思と、「したくない」という意思がある。天皇が「退位したくない」と表明したときはどうするか。それは「天皇の政治的権能の行使を禁止」に抵触することはないのか。
 「天皇の意思」がどういうものか、問わない。「天皇の意思」そのものを排除するために法案がつくられた、ととらえるべきだろう。「天皇の意思」とは無関係に、政権が政権に都合のいい天皇を生み出すためにつくられた法案である。
 政権の「意思」で天皇を自在に交代させるということを防ぐために、法案はどういう項目を設けているのか。そのチェックはおこなわれたのか。
 「先例化」は自民党が民進党の主張に譲歩した結果であると読売新聞は報じている(4面)が、民進党は安倍・菅に利用されているだけである。天皇を天皇の意思に反して交代させる(退位させる)ということが起きたとき、「民進党が先例化を求めた。だから、その意向に沿って、天皇を交代させる根拠にした」と言われるだけである。

詩人が読み解く自民党憲法案の大事なポイント 日本国憲法/自民党憲法改正案 全文掲載
クリエーター情報なし
ポエムピース
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「前川抹殺事件」その3 | トップ | 「嵯峨信之全詩集/時刻表(1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自民党憲法改正草案を読む」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。