しょうたろうの徒然マラソン♪〜サブ3の先に見えるもの〜

自分の知らない自分を探しに走ろう♪

腰高フォームでタイムアップ

2017-06-14 15:04:10 | その他
マラソンのフォームを考えると必ず腰高フォームと言う言葉を聞くと思います。

この腰高フォーム…
背伸びをして腰の位置を高くする
姿勢を良くする
体幹を意識する
など色々と思い浮かべる方も多いと思いますが…

個人的に腰高フォームにはランニング技術が必要だと思っています

走る際の基本姿勢や身体の使い方を正しく覚える為の基礎ドリルが有ります。

陸上の専門誌には掲載されたりしていますが、ランニング雑誌には、練習メニューは掲載されても基礎ドリルを見る事はありません

私も高校で陸上部に入部た直後まずは歩きながら脚を上げ腰の位置を正しく保つ動作を繰り返し行っていました。
単純な動作ですけど難しいです
私はあまりの下手さに顧問の先生にホント怒られました

この動作を説明するのは難しいので

そこでオススメの練習はスキップです

スキップをする際に意識して欲しいのは
リズム良く
接地時間を短く

以上の2点を心がけてスキップをしてみると良いと思います

私の場合スキップを30m行いそのままウインドスプリント(流し)を行います。

腰高フォームをスキップで意識してランニングする事で身体に覚えこませています

腰高のフォームで走れると…地面との接地時間も短くなります。
そうするとブレーキをかけずに推進力を最大限生かせます。

これを出来るだけでランニングエコノミーを向上しタイムアップ入部間違いなく繋がります

腰高フォームを考えられている方は参考にしていただければ思います

『マラソン(ランニング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪マラソン•神戸マラソン抽... | トップ | 落選のちポイント練習 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む