しょうたろうの徒然マラソン♪〜サブ3の先に見えるもの〜

自分の知らない自分を探しに走ろう♪

接地時間を意識して二部練

2017-07-16 23:10:10 | ランニングフォーム
午前中は暑さが影響して最後はヘロヘロになりならがらも少し休んだら回復して、家の掃除や洗濯を済ませて
日没前から10kmほど走ろうと思いランニングへ

最近、JOGをする際に接地時間を短くする意識をしています
接地時間が長いと自然と腰の位置が落ちてしまい、結果的に無駄な筋力を使ってしまう気がします

自転車で例えるなら、座ってペダルを漕ぐより立って濃いだ方が筋肉の疲れもなくスピードが出ると思います

接地時間が短いと立って濃いでいる状態
接地時間が長いと座って濃いでいる状態

私も接地時間を意識した事は有りませんでしたが
ガーミンのランニングダイナミクスを使う事で接地時間が表示される為、最大限に現代の力を活用しています。



ガーミンによると208ms以下だと効率良いとされています
昨日のJOG接地時間

今日のJOGの接地時間


左右バランスと接地時間の改善に取り組んでいる為、今の所良い結果出ているので、さらなる向上を目指そうと思います

接地時間を短くする事は腰を入れて走る事にあります
以前紹介したスキップから流しを繰り返し行うと改善すると思います

そこは、改めて紹介したいと思います

そして10km走るつもりが100分で20km強走りました
日没後は日差しがないの分朝より心拍数は低めですが大量の発汗には変わりません

練習メニュー:100分JOG
平均心拍数:140
トレーニング効果:3.4
着地バランス:左50.6% 右49.4%
平均ピッチ:189
月間走行距離:451.1km


『マラソン(ランニング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酷暑の前に180分JOG | トップ | クロカン120分走から海へダイブ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ランニングフォーム」カテゴリの最新記事