田代正一の忘備録

日々気ままに

天皇という現人神の奴隷

2016年10月29日 | 鹿島曻
絶大な人気をもつ歴史小説家の司馬遼太郎は、筆者の記憶によると、「日本がましな国だったのは日露戦争までだった。あとは、とくに大正7年(1918年)の、シべリア出兵からはキツネに酒を飲ませて馬に乗せたような国になり、太平洋戦争の敗戦でキツネの幻想はついえた」と述べている。彼の史観では明治という国家はそれなりに認められるのであろう。しかし筆者は賛成できない。

明治維新こそ、日本人にとって恥ずべき暗黒の始まりであったと考える。明治維新がなければ日本人は欧米列強の奴隷になっていたという人が多い。そうかもしれぬ。しかし奴隷化されたとしても、それが永久につづくわけではないし、列強の奴隷をまぬがれて天皇の奴隷になるのでは結局同じことではないか。列強の奴隷にならない代わりに戦って異郷の地で屍をさらせというのか。

黒人奴隷は人間の奴隷であったが、日本人は明治以来、天皇という現人神の奴隷であった。黒人奴隷は精神的に反抗することができたが、日本人にはそれもできなかった。

したがって、明治時代を評価するこのような発言こそ国家新生のために有害なのである。明治維新の暗黒面を自覚し反省することから新生日本が始まる。

(鹿島曻『昭和天皇の謎』新国民社、1994年)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 昭和天皇と沖縄 | トップ | 怨親平等 »

あわせて読む