墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

書家・かな432/若山牧水

2016年06月30日 19時40分39秒 | かな

<釈文> むらさきに すみぬるふじは みじかよの あかつきおきに みるべかりけり

                                = 若山牧水 =

<観賞> 「富士の歌」のみを集め、4曲1隻の屏風仕立てにした贅沢な作品である。原

典はいずれも第14歌集「山桜の歌」、書は大正末期(大正13年~15年)のもの(14)で

あろうと思われます。但し同じ大正末期でも揮毫年次には若干の幅があり、筆勢のより強

いもの(右隻2首)は、大正末期の初期。造形も小ぶりで落ち着いた筆勢のもの(左隻2首)

が、後期のものと見ることが出来ます。また、牧水の真贋判定に当っては、この歌のテーマ

「富士」という文字のウ冠に注目すると良いとされています。4つの書のウ冠の造形は見事

な相似形を示します。尚、特筆すべきは左隻の1首。第4句「しきたなびけば」の小ぶりな

造形などは既に最晩年への移行(3-1)を予感させるし、第3句及び結句の膨らみのない

「り」の造形なども、その特徴を先取りしているかのようであります。そのようなことから、

これは最晩年(昭和2年頃)の揮毫である可能性も否定できません。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆新聞掲載=養蜂事業スタート

2016年06月30日 19時28分04秒 | 新聞

<記事の内容>

年間780キロ採取目標

熱海市泉に造成、整備した公園「ハルカス・ガーデン」で高齢者を中心に活動するNPO法

人グランベルテ(河村久子理事長、立石吉輝会長)は本年度、初めての収益事業として養

蜂事業への取り組みを開始した。採取した蜂蜜は、瓶詰め商品にして販売していくという。

同NPOは高齢者の生き甲斐支援活動を目的に2000年に設立した。同公園を造成、整備し、

植栽活動などを続けている。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界の名画・20世紀美術家列伝/アンディ・ウォーホル

2016年06月30日 19時00分59秒 | 世界の名画

自画像

●1967年。テイト・ギャラリー, ロンドン。


アメリカのポップ・アーチストといえば、誰をさしおいてもアンディ・ウォーホルの話をし

なければならない。だがそれは、彼の作品のみならず、そのライフスタイルもが、我々に強

いる選択なのである。彼は1928年にピッツバーグに生まれた。本名をアンドルー・ウォー

ホラという。両親はチェコ系の労働者階級に属していたが、西バージニア州の炭坑で働いて

いた父親は1942年に亡くなる。絵とデザインを勉強したのはカーネギー研究所である。学

士の資格をとって1949年にそこを卒業、その後直ちにニューヨークへと発つ。最初に住ん

だのは共同のアパートメントだった。そうしてイラストと商業美術の分野でなんとか身を立

てはじめた当時のウォーホルのことを知る友人は、後にこう述べている。19歳くらいだった

はずですが、実際はもっと若く見えました。しかもとても恥ずかしがりやで、ほとんど話も

しない。あんまり話をしないものだから、アパートメントに同居している少女のうちの一人

が、怒って彼めがけて玉子を投げて額に命中させる始末だったのです。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

墨象・水無月

2016年06月29日 19時55分00秒 | 墨象

水無月とは水の無い月と書きますが水がないわけではありません。水無月の「無」は、神

無月の「無」と同じように「の」にあたる連帯助詞「な」で「水の月」という意味でだそ

うです。陰暦の6月は田んぼに水を引く月であるから水無月と呼ばれるようになりました。

水無月がとてもきれいだったので、墨象にしてみました。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆新聞掲載=岡田選手リオ五輪へ

2016年06月29日 19時35分09秒 | 新聞

<記事の内容>

「帰省時にも練習」

東伊豆町ゆかりの陸上選手岡田久美子さん(24)=埼玉県出身・ビックカメラ所属=が8

月5日(日本時間で6日)開幕する、リオデジャネイロ五輪に陸上競技20キロ競歩で出場

する。27日、日本陸上競技連盟が日本代表選手を発表した。久美子さんの父九ニ男さん(

64)は稲取出身で旧県立下田北校卒。出場決定を受け、稲取では喜びが広がっている。

「明るく素直な子でいつも笑顔をみせてくれる。帰省しても走り回るくらいで練習も熱心」

と善十郎さん。「親戚で横断幕を作り、カナダまで応援に行ったこともある。リオに行け

るかわからないが、できるだけ声援を送りたい」と語った。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加