墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

油彩・スペイン郊外の教会の光景

2014年08月31日 20時57分28秒 | 亡夫の作品

亡夫(木村健一 雅号・守山剛)が、生前スペインへ旅行した時に描いていた50号の油絵です。

記念のため、アトリエに飾ってあります。生前は仕事の合間をぬって油絵や時代小説を書いて

いました。本人は「80歳になったら画家として生きていきたい」と言ってましたが、74歳で夢

半ばで亡くなったので残念でした。本人はさぞかし悔しかったことでしょう。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆新聞掲載=「松陰 一流の教育者」

2014年08月31日 19時25分20秒 | 新聞

<記事の内容>

功績、価値観学ぶ

下田市の蓮台寺区(渡辺秀明区長)は30日、蓮台寺の吉田松陰寓寄処で文化講演会を開いた。人間

環境大の河口雅昭教授を講師に招き、住民ら50人が、松陰の教育、下田沖の黒船に乗り込んだ踏海

事件について聴いた。

また、松陰が黒船に乗り込んだ目的は密航ではなく、ペリー提督暗殺が目的だったとする説を唱える

河口教授は「松陰は開国したことがいけないのではなく、脅かされて自分達の精神で決定できなかっ

たことを問題に思っていた」と話した。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジオパークを楽しむ本 金属資源からみたジオ多様性 続き

2014年08月31日 19時09分04秒 | ジオパークを楽しむ本
黒鉱鉱床の分布地域。


鉱脈鉱床は、金・銀鉱床と銅・鉛・亜鉛鉱床に分けられます。鹿児島県の菱刈金鉱床は、非常に金

の量が多く、これまでに生産された金量は、今まで日本から産出された金量を上回っています。こ

こでは、堆積岩である四万十層と、その上の安山岩の境界付近に多くの鉱脈が入っています。天水

(雨水)が地下に潜って深いところまでいき、それが熱水となり、上がってきて、四万十層と火山

岩の境界付近で熱水と地下水が混じってできたと考えられます。四万十層と火山岩の境界付近は、

地下水が胚胎しやすいようです。


<参照:ジオパークを楽しむ本 ジオ多様性研究会・共編 オーム社刊>






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書家・かな275

2014年08月30日 20時51分44秒 | かな

<釈文> はるすぎて なつきにけらし しろたえの ころもほすてふ あまのかぐやま

百人一首 第2番                        = 持統天皇 =

<意味> 春が過ぎて夏がきたらしい。天の香具山あたりに白い布の着物が点々と干してある。

という意味です。

<観賞> 初夏の緑あふれる山に、真っ白な衣服がひるがえっている様子が目に浮かびませんか?

持統天皇は、宮殿で執務をされていたのでしょうか。ふと気分転換に外を眺めていると、「あら?

衣が乾してあるわ。もう夏なのね」と思われたのかもしれません。天の香具山とは、現在の奈良

県橿原市にある山です。耳成山(みみなしやま)・畝傍山(うねびやま)とあわせて3つの山が

ちょうど三角形を描くように並んでいて、飛鳥の昔から、親しまれてきました。この三角形の真

ん中に、持統天皇は都を置かれていましたので、ちょうど山がよく見えたのかもしれませんね。

この和歌は、『万葉集(まんようしゅう)』では「春すぎて 夏来たるらし 白妙の 衣ほした

り 天の香具山」と、少し言葉が違っています。

<作者> 持統天皇は、第1番の歌人である天智天皇(てんじてんのう)の娘です。天智天皇の

弟の天武天皇(てんむてんのう)に嫁して皇后となりました。天武天皇との間に儲けた皇子が若

くして亡くなってしまったため、その王子(持統天皇には孫にあたります)が成人して即位でき

るまで、女帝として即位しました。いまから1300年以上も前のことです。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆新聞掲載=「一体感」「貢献」が課題

2014年08月30日 19時33分29秒 | ジオパーク

<記事の内容>

12月世界加盟へ申請準備

日本ジオパーク委員会(JGC)が伊豆半島ジオパークを世界ジオパークネットワーク(GGN)へ日

本が加盟申請する地域として推薦決定したことを受け、伊豆半島ジオパーク推進協議会は不透明な

部分は残るものの、12月のGGN加盟に向けた申請書(英語版)の提出準備を進め、JGCから示され

た課題の解決にも取り組んでいく。

GGNへの加盟申請は毎年、一国二地域以内とされ、日本では阿蘇(熊本県)がGGNへ加盟を申請中。

9月19日からカナダのストーンハンマー・ジオパークで開催される第6回世界ジオパーク国際ユネ

スコ会議で阿蘇が「加盟」か「見送り」になると、伊豆半島は加盟申請することができる。「保留」

の場合は最低1年待つことになる。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加