墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

書家・かな579/平兼盛

2017年10月18日 20時05分52秒 | かな

<釈文> しのぶれど いろにいでにけり わがこひは ものやおもふと ひとのとふまで

百人一首 第40番                          = 平兼盛 =

<意味> 誰にも知られないように隠してきたのに、わたしの恋心は、とうとう顔色に出るまでに

なってしまいました。「恋の悩みですか?」とまわりの人に尋ねられてしまうほどに。

という意味です。

<観賞> この和歌は、村上天皇(むらかみてんのう)の御前で行なわれた「天徳内裏歌合(てん

とくだいりうたあわせ)」の結びとして詠まれたものです。歌合(うたあわせ)とは、左右から一

首ずつ和歌を詠み、優劣をつけるものです。第41番の壬生忠見(みぶのただみ)の和歌と競われま

した。二首の素晴らしさに、誰も優劣をつけられず、村上天皇も判断をくだされなかったそうです

が、密かにこの和歌を口ずさんでおられたので、この和歌を勝ちとしたそうです。

<作者> 平兼盛は、いまから1050年ほど前の中級官僚です。第15番の歌人である光孝天皇(こ

うこうてんのう)の曾孫にあたり、父の代に苗字を与えられ、皇族ではなくなりました。和歌を詠

むのが上手でした。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊豆新聞掲載=「いか様丼」... | トップ | 世界の名画/クリスチャン・R... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

かな」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL