墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

世界の名画/世界の巨匠・クレー(28)

2016年10月13日 18時47分22秒 | 世界の名画

滑走

●1930年。縦34.0X横43.0センチ。個人蔵。


1930年から1932年にかけて、クレーは定まりようのない空間を無重力状態で漂う面やヴォリュー

ムを内包するコンポジションを何点か描いている。▶︎滑空(離陸直前)◀︎、▶︎帆走する町◀︎、▶︎飛

び立つ前に◀︎といった作品は、クレーが講義においてその諸原理を引き出そうと努めていた。(

純粋にダイナミックなもの)の絵画的等価物となるよう試みられた。軽やかな構造を見せている。

こうした構築物によってもたらされる視覚的効果は、1924年の講演「現代美術について」において

提案された。動く空間の例に正確に対応している。「表面と背景の間に宙吊りになったまま、かす

かに振動する構造。それには上も下もなく、ただゆっくりと自転し、もし必要とあらばその内なる

構成中に一種の中心を提示することもあるが、そうでなければ純粋にダイナミックな法則に従うだ

けだ」。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 墨象・中世ヨーロッパの甲冑 | トップ | 伊豆新聞掲載=海女テングサ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL