墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

書道教室の生徒の作品263/伊藤典子

2017年08月05日 20時03分00秒 | 生徒の作品

<釈文> おおえやま いくののみちの とおければ まだふみもみず あまのはしだて

百人一首 第60番                       = 小式部内侍 =

<意味> 大江山(現在の京都府京都市と亀岡市の間にある山)を越えて幾野(現在の京都府亀岡

市)への道はとても遠いので、天橋立(現在の京都府宮津市)へは行ったこともありませんし、母

からの手紙も見ておりませんよ。

という意味です。

<観賞> 歌合(うたあわせ)に参加することになった小式部内侍に、第64番の歌人である藤原定

頼(ふじわらのさだより)が、「お母さんに歌の代作を頼みましたか?そのお返事は来ましたか?」

とからかったのに返した和歌です。当時、和泉式部は、夫の仕事について天橋立のある丹後国(現在

の京都府北部)にいました。小式部内侍の和歌は、和泉式部が代作をしている、という噂があったた

め、定頼はこんな風にからかったのです。しかし、小式部内侍は、見事に詠み返し、定頼はあっけに

とられて、咄嗟に和歌を返せず、すごすごと引き下がったのだそうです。

<作者> 小式部内侍は、いまから1000年ほど前の宮廷女官です。父は橘道貞(たちばなのみちさだ

)、母は第56番の歌人である和泉式部(いずみしきぶ)です。一条天皇中宮(いちじょうてんのうち

ゅうぐう)の藤原彰子(ふじわらのしょうし)に仕えました。母と区別するため、小式部と呼ばれてい

ました。


これは生徒の伊藤典子さんの作品です。はじめご主人と一緒にみえておりましたが、ご主人がお亡くな

り、今はお母様の面倒をみながら、書道のお稽古にいらしています。なかなかいい筋をされております。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊豆新聞掲載=近づく下田太... | トップ | 世界の名画/パブロ・ピカソ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL