墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

世界の名画/クールベと写実主義(3)

2017年05月16日 18時47分06秒 | 世界の名画

出会い「こんにちは、クールベさん」

●1854年。カンヴァス・油彩。縦129X横149センチ。モンペリエ ファーブル美術館蔵。


道具箱をかついで旅姿のクールベが自慢の「アッシリア人の横顔」をみせて堂々と胸をそらし、左に

南仏モンペリエ市の美術愛好家アルフレッド・ブリュイヤスが従僕と犬を従えて出迎えているところ

を描く。すでにドラクロワなどと交遊のあったブリュイヤスは1853年の官展で非難ごうごうの的とな

った。▶︎水浴びする女たち◀︎(モンペリエ ファーブル美術館)に感激してこの絵を買って以来クール

ベの友人かつ後援者となった。1855年万国博覧会前後のクールべが美術行政当局や官展派に対して独

立の戦いを挑むことができたことについては、ブリュイヤスの再生的後楯に負うところが大きく、も

うひとつの別題▶︎天才に敬礼する財産◀︎というこの絵は、クールベの観点からすれば文字通り「現実

的な寓意画」であって、二人の出会いは歴史的な意味で記念すべき出来事の次元にまで高められている。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書家・かな533/西行法師 | トップ | 伊豆新聞掲載=宿泊客ほぼ前... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL