墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

書道教室の生徒の作品230/小池大嶺

2016年09月19日 18時46分56秒 | 生徒の作品

<読み> すいていのゆうぎょしんけんせい、じゅとうのごちょうしょうさんぜん

<意味> 水の中に遊泳する魚を見ては諸々の安念を去って真の仏性を見窮める、木の上に鳴く鳥

の声を聞くはいささかの禅の道を悟るに足る。


これは生徒の小池大嶺さんの作品です。条幅は、書くのになかなか大変なので、ほかの生徒さんは

みんな嫌がるものですが、小池大嶺さんは率先的に書いています。文字のバランスも良く、一文字

一文字がしっかり書かれているので、とても良いと思います。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊豆新聞掲載=講演や市場、... | トップ | 伊豆新聞掲載=ゴッホ研究者... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生徒の作品」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL