墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

吉田浜

2017年08月23日 16時53分38秒 | 亡夫の作品

1993年7月24日、亡夫が吉田浜を水彩で描いたものです。東伊豆からでも西伊豆からでも行く道

は一つしかありません。南伊豆の主要道路136号線沿いにある「海の里・吉田入口」という看板を

矢印の方向に上がっていくだけです。この看板は石廊崎から136号線を西に10~15分行ったとこ

ろにあります。西伊豆からでは「妻良」集落を越えて5、6分位のところです。136号線から吉田

入口を上がるとしばらく山道が続きます。途中から下り坂になり、5分程下るとようやく集落が見

えてきます。車が通れる道は一本しかありません。この道が海岸まで続いています。途中には南伊

豆の特産品の一つ「アロエ」も栽培されています。この歩道は南伊豆の絶景海岸線が見える遊歩道

で、中木地区から妻良地区までの12kmがハイキングコースになっています。亡夫はこの寂しげな

吉田浜が好きで、前にもスケッチに出かけていました。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊豆新聞掲載=飯田さん(下... | トップ | 世界の名画/パブロ・ピカソ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2017-08-23 17:26:44
絵の上手な方だったんですね。
大切な宝物です。
色褪せないように保管しておいて下さいd(^-^)ネ!
みんなのブログからきました。
吉田浜 (木村松峯)
2017-08-23 19:21:06
ご覧になってくださりありがとうございました。亡夫も亡くなってから13年目になりますが、知り合いの方から遺作展をしないかとお声がかかっており、作品は奥にしまってあって、久々に引っ張りだそうと思っております。うちのアトリエには4、5枚飾っていますので、ブログに出そうと思っております。その節はまたよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

亡夫の作品」カテゴリの最新記事