墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

世界の名画/コロー(18)

2017年06月18日 18時59分28秒 | 世界の名画

ドゥーエの鐘桜

●1871年。カンヴァス・油彩。縦46.5X横38.5センチ。パリ ルーヴル美術館蔵。


1871年5月、パリ・コミューンの乱を避けてコローは北仏ドゥーエのアルフレッド・ロボーのもとに

滞在、同家の2階の窓際に腰をすえてこの眺めを描いた。ロボーによれば、毎日午後2時から6時ま

で筆を入れてはかみそりで削ぎ落とすということを繰り返し、それが18回かかってようやく出来上が

ったという。▶︎モルトフォンテーヌの思い出◀︎を典型とする数多くの風景画にみられるようなあるひ

とつの情緒の変奏を繰り返すことをやめて、具体的なモチーフとがっちり取り組んだコローが、観察

力・造型力を十全に取り戻した傑作である。と同時にまた、「当時印象派の人々が発見しつつあった

明るく歌うような色価に無関心ではいられなかった」ことを示す、とジェルマン・バザンは言う。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 墨象・夢の彼方へ | トップ | 伊豆新聞掲載=キンメ、アジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL