墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

世界の名画/加山又造(4)

2017年05月03日 19時17分00秒 | 世界の名画

迷える鹿

●1954(昭和29)年。縦151.5X横197センチ。


画面をみると、鹿の頭の数と足の数が違っている。写真を重ね焼きしたようなこの作品は、この頃

シュールレアリズムに強い関心をもっていた画家が日本画の様式でこの表現を試みたのだろう。シ

ュールレアリズムの精神から入るというより、加山氏がすんなり取り入れているのはその手法の方

である。硬い線で装飾的に描いた画面は、むしろ加山又造のリアリズムとみたほうがよいのかもし

れない。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みいづの帰りに頂いたマーガ... | トップ | 伊豆新聞掲載=石部棚田であ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界の名画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL