墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

世界の名画/クールベと写実主義(4)

2017年05月17日 18時59分16秒 | 世界の名画

画家のアトリエ〜現実的寓意画

●1855年。カンヴァス・油彩。縦361X横598センチ。パリ オルセー美術館蔵。


1855年の官展(万国博)に出品を拒否され、個展(「レアリズム」展)に▶︎わが芸術的生活の7年

にわたる一時期を定義する現実的寓意画◀︎と題して陳列された。伝統的な「寓意画」(アレゴリー)

は万人公認の価値観念を万人に読解可能な形で肉付けして示す(例えば、裸の美女が赤裸々な「真

実」をあらわすといった常套的アレゴリーがある)のに対して、この「現実的寓意画」中の人物は、

クールベ自身および彼の友人たち(右半分のグループ)にせよ、さまざまな社会階層的カテゴリー

を代表するといわれる無名の人々(左半分のグループ)にせよ、抽象観念の具現であるよりも前に

まず「現実」の人物たちであって、典型的人物とすらいいがたい者が多く、たまたまクールベの身

辺にいる、あるいは、たまたま観察の対照となったという理由でここに描かれる権利を得たにすぎ

ない、いうことさえできよう。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書道家・漢字481/東晋・... | トップ | 伊豆新聞掲載=バイナーさん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL