墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

書道教室の生徒の作品252/細井美峰

2017年04月20日 20時15分22秒 | 生徒の作品

<釈文> ちょうにざしてみちをといすいきょうしてへいしょうす

<意味> 天子は朝廷にいて国を治める道を群臣と相談しながら、政治を行い、衣をたれ手をこま

ねいて、ひとしく民をおさめた。

という意味です。


これは生徒の細井美峰さんの作品です。この方は師範の資格をとられましたが、今度は細字三体規

定課題を10級から始められ、もう4級になられました。とても熱心で、この階級もどんどん昇級さ

れることでしょう。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊豆新聞掲載=もうすぐ黒船... | トップ | 世界の名画/ミロ(31) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL