墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

屋根裏部屋の花たち

2017年08月09日 19時41分02秒 | 亡夫の作品

1950年代のアメリカ。「私」、キャシー・ドーランギャンガーはなにひとつ不自由のない、しあわ

せな少女時代を送っていた。「私にとって、人生とはすばらしい真夏の一日のようなものだった」。

私には優しい兄クリス、双子の弟と妹、そして誰よりも素敵なパパとママがいた。ところがある日、

思いもかけない不幸が私たち一家を襲う。交通事故で最愛のパパを失ってしまったのだ―。その日

を境として、あとに残されたママと4人の子供たちの運命は一変した。着の身着のまま、母の実家の

ヴァージニアに向けて出発した5人だったが、過去の過ちで勘当されていた母のために、私たち4人

は壮大な屋敷の屋根裏部屋に閉じ込められてしまった。この屋根裏部屋から出られる日はすぐに来

ると信じながら―。

亡夫がこの映画を観たかどうかはわかりませんが、切れ切れになった花たちをイメージしてなんとな

く描いた作品だと思います。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊豆新聞掲載=「地域歴史遺... | トップ | 世界の名画/パブロ・ピカソ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL