墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

世界の名画/ミロ(39)

2017年04月29日 19時48分23秒 | 世界の名画

左上・卵(灰色)
●1956年、陶器。縦18X横38センチ。パリ マーグ画廊蔵。

右上・口(噴水)
●1964年。陶器。縦90X横40X奥行50センチ。サン=ポール=ド=ヴァンス マーグ財団蔵。

左下・壷(部分)
●1941〜45年。陶器。高さ32.5センチ。パリ マーグ画廊蔵。

右下・皿
●1956年。陶器。経37センチ。パリ マーグ画廊蔵。


1956年6月の終わり、私はパリのマーグ画廊を訪れた。ミロの新作の焼き物展をみるためである。会

場には、絵付けしたり線刻したりした皿や壷のほか、鳥、卵、石、乳房などを思わせる、種々な形の、

さまざまな色彩の、奇妙な焼き物が所狭しと並べていた。まるで遠い宇宙の彼方から地上に落ちてきた

隕石のようなオブジェ群を前にして、たちまち私は不思議な幻想の世界に巻き込まれてしまった。それ

らは普通の焼き物ではない。といって絵画でも彫刻でもなく、三者を綜合するまったく新しいオブジェ

である。そのオブジェが、生命を充填した生き物のように位置ずくのであった。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書家・かな529/凡河内躬恒 | トップ | 伊豆新聞掲載=春バラフェス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL