墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

書家・かな587/寶井其角

2017年11月07日 19時16分35秒 | かな

<釈文> しらうおを ふるひよせたる よつてかな

                = 寶井其角 =

<意味> 白魚漁には四手網を使う。竹篭で四角錐を作ってこれを川底に沈めておいて、引き上げ

ると白魚が捕獲できる。引き上げると、網の底に白魚が集められる。これが、白魚を「ふるい寄せ

た」というのである。

という意味です。

<作者> 江戸前・中期の俳人。江戸の医師竹下東順の子です。姓は榎本、のち宝井、幼名は八十

八、のち源助、号は螺舎・螺子等。書を佐々木玄龍、画を英一蝶、儒学を服部寛斎に学びました。

のち芭蕉に入門、市井の人々の生活を華やかに唱い洒落風俳諧を成立させます。蕉門十哲の一人。

宝永4年(1707)歿、47才。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆新聞掲載=世界レベルの観光圏に

2017年11月07日 19時00分32秒 | 新聞

<記事の内容抜粋>

新総合計画を説明

県主催の「伊豆半島地域サミット」が6日、沼津市内のホテルで開かれ、13市町の首長(一部代理)

と川勝平太知事、土屋優行副知事が意見交換した。県は策定を進めている来年度からの新総合計画「

富国有徳の『富士の国』の人づくり・富づくり」について概要を説明。首長側は人づくり、富づくり

に関連した具体的な施策を提案した。

「スポーツ観光を生かした町づくり」(下田市)「伊豆に残る仏教美術や寺院をネットワークした富

づくり」(伊豆の国市)などの提案があった。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界の名画/アンディ・ウォーホル(11)

2017年11月07日 18時46分27秒 | 世界の名画



●1964年。カンヴァス・シルクスクリーン。縦121.9X横121.9センチ。ソナベント・コレクション。


想像力の枯渇に直面したウォーホルは、他分野で活動し始める。ロック・バンドのヴェルヴェット・

アンダーグラウンドとコラボレーションを開始し、1966年4月にはこのバンドと歌手のニコを中心

に据えたマルチメディア・ミュージック・ショー「エクスプローディング・プラスチック・イネヴィ

タブル」を開催した。初めて興行的に成功を収めた映画「チェルシー・ガールズ」を制作した。こ

こでもウォーホルは、新しい視覚経験の可能性を開きたいと願い、いくつかの映画は隣接した二つ

のスクリーンに同時進行で投影するように計画され、それぞれ異なったサウンドトラックが流された。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加