墨象家・書家 木村松峯(峯子)のブログ shohokimura blog

伊豆の情報、世界の名画、ジオパーク、墨象、書道などの作品を日頃の日記とともに載せています。

書道教室の生徒の作品245/森川三千代

2017年01月21日 21時01分09秒 | 生徒の作品

<読み> かおくしゅんぷうのさけ

<意味> 花咲く家に酌む酒は、春風に吹かれて杯中に波が立つ。

という意味です。


これは森川三千代さんの作品で、以前からよその書道教室に長く通われていたようで、とても上手

に書かれます。二人のお子様がアメリカに住んでいて、日本と外国を行ったり来たりしておられま

す。よく外国のお土産を頂きます。ありがとうございます。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆新聞掲載=丹那断層や火雷神社......紹介

2017年01月21日 19時35分43秒 | ジオパーク

<記事の内容>

3月にロゲイニング

伊豆半島ジオパーク・ロゲイニング大会(同推進協議会主催)が3月25日、函南町で開かれる。前

年の伊東市開催に次いで2回目。丹那断層や火雷神社など町内ジオサイトの見どころなどを紹介す

る。

大会は6.3時間の2コース。6時間は男、女、混合、3時間は一般、ファミリー、ソロの各3部門。

各上位3チームを表彰する。JR函南駅からシャトルバスを運行する。定員300人。参加費は6時間

が5000円、3時間が4500円。申し込みは3月10日までに同推進協(電話0558-72-0520)ヘ。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界の名画/熊谷守一(7)

2017年01月21日 19時18分20秒 | 世界の名画

白牡丹

●1931年。縦37.8X横45.5センチ。

熊谷守一の人と絵

熊谷守一はレンブラントに傾倒していたようである。熊谷守一は岐阜県の付知村の生まれで、父親

は紡績工業を大きく営んでいて、貴族院議員などもやっていた家庭だったから、いわゆる素封家の

息子である。子どものときから父親のお妾さんが大勢一緒に住んでいるような家庭で育っているせ

いか、子どものときから大人はうさん臭いものだ、という不信の念を持っていたようである。その

反動のように、子どもや動物には無類の親しい愛情を本能的に持っていた。この子どもや動物に対

する無類の愛情は、その後も生涯を通して熊谷守一は持ち続けた。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

墨象・うなぎとスッポン

2017年01月20日 19時18分24秒 | 墨象

うなぎもスッポンも、見た目はグロテスクですが、高価な滋養強壮食です。スッポンは、一度かま

れたら、雷でも落ちなければ絶対に離さないといわれています。うなぎには電気うなぎという恐ろ

しい種がいます。味は絶品で、製法は違いますが多くの人に好まれています。川でうなぎとスッポ

ンが仲良く泳いでいる様を、墨象で描いてみました。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆新聞掲載=雛のつるし飾りまつり開幕

2017年01月20日 18時50分36秒 | 新聞

<記事の内容>

第20回節目の祭典、盛況祈願

東伊豆町稲取で20日、「第20回雛のつるし飾りまつり」(稲取温泉旅館組合)が開幕する。19日に

は稲取文化公園雛の館で関係者が神事を行い、節目となる祭典の盛況を祈願した。3月31日まで。

雛のつるし飾りは子どもの健やかな成長を願い、猿、はい子、うさぎなどそれぞれにいわれのある人

形を女性が手縫いで作り、ひな壇などの両脇に吊るす稲取発祥のひな飾り。歴史は江戸時代後期に遡

る。問い合わせは同組合(電話0557-95-2901)へ。






にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加