映画ブログ

京都出身、東京在住の筆者が映画や漫画、本などの感想を率直に書きます。Twitter:@ada_shohei

映画「キック・アス」感想

2017-04-20 17:07:56 | 日記
映画「キック・アス」を観ました。



アメコミのヒーローに憧れる少年は、自分もヒーローになることを決意し、
「キックアス」として活動を始める。犯罪者グループに囲まれピンチになったときに現れたのは、
一流の殺人技術を持った少女と、その父親だった…という話。

クロエさんがとても幼く可愛い作品ですね。
「キングスマン」さながらにアクションはキレキレです。

まあまあ笑えるし見応えもあって面白い作品ですが、
体の切断や流血などグロいシーンも処々にあるので、そういうのが苦手な人には不向きかもしれません。

「デッド・プール」とかそういう系が好きな人は楽しめると思います。

ところでアメリカの高校といえば、ロッカーが特徴的ですね。
僕の高校には靴箱と更衣室のロッカー以外はなかったですが、
日本にはあまりない文化なのでしょうか。
ロッカーを置いていると盗難の原因になったり、教材を置きっぱなしにして家で勉強しないとか、
問題点もある気がします。単純に生徒全員分のスペースを確保するのが大変なのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「戦慄病棟」感想 | トップ | 映画「キック・アス ジャステ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL