章魚庵つれづれ通信

日ぐらし硯に向かひて、遊墨三昧、遊印三昧??

野鳥と落葉松2016

2016年10月18日 | 切り絵

先日、日本野鳥の会から
1983年作成の会報の表紙の原画を返したいとの手紙が来た。
ずいぶん前の話で原稿料ももらったのでてっきり処分されたものと
思っていたのに返してくれるという。
それじゃ~お願いしますということで
原画が送られてきた。結構雑な作品ではあるけど……

これ完成品(-_-)

そして落葉松2016
まぁ季節的には丁度良い頃かと……
以前(2010/2/19)ブログにアップしたのは部分でした
全体が見たいというご要望(あるのか?)にお応えして。
(クリックすると大きくなります。)
現物はもう手元に無いです。

 

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩秋閑居2016 | トップ | 47年前のこと、そして »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
会と言えば (房州や)
2016-10-18 16:32:16
野鳥の会と言えば
紅白の観覧者の紅白の数をカウントする人たち
野鳥の会と言えば
なんとなく軽井沢(?)の別荘にいる柳生さん
野鳥の会と言えば
目立たぬ帽子に迷彩服に単眼スコープを抱え手帳を持ってる
章魚庵さんは野鳥の会の会員で
小鳥のバッチを服につけている
原画 (う~)
2016-10-18 19:29:57
原画が手元にない作品画像(「落葉松」)と、
手元になかった原画が帰って来た画像
~ということで(?)

なにか、なんというか、そこはかとなく、「時を超えたもの」を
そこに感じるような・・・? ~というところで(?)

「落葉松」の画像、早速掲載いただけたようで、私
としても嬉しく思います。
(誰かが勝手なお願いをしていたようで? ←しらじらしい?)

ところで、「落葉松」の詩の全文を確認しようと思って、白秋の詩集本
を見ようと思った段階で、それが見当たらないことに気づきました。
6年前に引っ越しした際に、どこかに紛れこませてしまったようです。

・・・あの本なら、あの本棚のあの辺りにあるはずと、イメージして思うのに
その記憶がもう無意味なものになっていると気づいてガックリでした。
(で、別仕立ての詩集本を改めてアマゾンで注文して入手しました。)

・・・詩の全文確認だけなら、ネット上ででも出来る訳ですが。
(ネット上には不正確な記事も多いけど?)
それに、やはり出版物上で確認すべき意義もありそうです。
で、改めて読み返しつつです。

なお、今回掲載の全体画像では、左寄りに配置されている道が
印象的です。

    ・・・
    からまつの林に入りて
    また細く道はつづけり
    
    (以下、「道」の部分、引用省略。長くなるので)
     ・・・この詩にある「道」に今まで気づかずでした。(ヤレヤレ?)

切り絵としても大作の部類になりそう(大きさ?)だし、この原画を
持っている人はハナが高いでしょうねえ。
(大きな部屋でないと飾れないでしょうし。)

なお、と も一つ思う件もあります(野鳥の件ほか)
が、別途また、とさせていただきます。
日本野鳥の会! (峰猫)
2016-10-18 23:48:29
章魚庵さんは野鳥の会に関わってたんですね。

何か月か前に、ネットで「おさんぽ鳥図鑑」をタダで差し上げますというので、
ちょっとほしいな~と思って住所氏名を入力し、冊子を頂きました。
すると、送料掛かるんだから、できれば家にある切手などを寄付して、っていう紙が入ってたから、
そりゃそーだ。タダでもらうのもやっぱり悪かろう。と思って、切手を送りました。
するとそこからいろんな案内状を頂くことになってしまって、また郵便代を掛けてしまうという事態に。
野鳥がいれば、なんだろな~とは思うものの、それ以上の興味はあんまりなくてどうしましょう。
質問 (閑おじ)
2016-10-19 12:09:03
「べにあじさし」と言うからには、紅いアジサシなんでしょうが、青いですね~どこが紅なんでしょうか?

「いかるちどり」は何に怒っているチドリなんでしょうか?

「せいたかしぎ」は背の高いシギで「おおそりはししぎ」はクチバシが反った大きなシギなんでしょうね!

まさか「市議会議員の大反橋さん」じゃないでしょう!

「みやこどり」は森の石松をだまし討ちにして、次郎長に殺されちゃった兄弟ですね!
房州や様、う~様、峰猫様、閑おじ様 (章魚庵)
2016-10-19 23:38:51
房州や様

紅白のカウントも野鳥の会じゃなくて
途中で麻布大学野鳥研究会(?)とかになってたらしい。
野鳥の会の会報も昔はわら半紙のような紙で
もちろんカラーとか無くて地味~な物でした
その頃も1年間目次のカットを切り絵で作ってました
地味~な冊子でしたがその年表紙は加山又造が描いてました。
その後あたりから急に大判になりカラーとかも増え
探鳥会とか言ってたのがバードウォッチングとか言うようになって
結構メジャーになっていったんですが……
私は何だか足が遠のいてました。今も。

う~様

あの本はあのあたりにあるというのは、私も同じです。
先日あのあたりにあるなぁと思っていた本があのあたりになく
何処にもなくなっており今も探索中なのです。
あの本は何処に行ってしまったんでしょう。

そんな時でも今ならアマゾン他で何とか探すことも出来る
おそろしいせかいであるなぁ。

また細く道はつづけり

そうなんです。あの道が最初は予定になかったのですが
たった一本この道を入れただけで雰囲気が変わりました。

確かにこの切り絵を買っていただいた方は大きな家に住んでそうです。

峰猫様

中学校の時、図書館で見つけた中西悟堂の本を読んだです。
高校の時探鳥会に行ったです。どこかのお寺に一泊して。
確か高校生は私1人でした。
バードウォッチングとか言いだしてなんか違うなと
ちょっとやんなっちゃいました。
でも、結構鳥は解りますよ今でも、少しは。

一番ビックリしたのは北アルプスで見た雷鳥が小さかったこと
私の頭の中では白鳥ぐらいあるのかと思ってました(馬鹿だねぇ)

閑おじ様

紅アジサシは嘴と足が赤くなるのです(夏限定の婚姻色かな)

「いかるちどり」は勘平にいかってます……「おかるちどり」?

大反橋市議!それって政務活動費の不正受給ですよね~~~~!

名にしおばいざ言問はむ都鳥わが思う髪はありやなしやと
漸く芸大美術館へ (閑おじ)
2016-10-20 12:55:41
「驚きの明治工藝」行ってきました!

驚愕です。
一部の作品以外、ほとんど写真がOKなのです!
今、増上寺でも「宮川香山展」やっていますが、ここにも数点並んでいました。

明治の職人技は「俺の技術を見ろ!」という作品で「これだけ手間を掛けたのだから、いくらくれ!」なんて言わないで良いものを作ろうという執念が見られます。

蝉は感動物でした!勿論龍や蛇も素晴らしいですが・・・

http://www.asahi.com/event/odorokimeiji/
これ見たら行きたくなりますよ!
「驚きの明治工藝」展 (峰猫)
2016-10-20 22:21:41
↑あれ見たら行きたくなりました。
明日にでも行こうかしらん。
原画 (mimi)
2016-10-20 22:52:32
33年前の原画ですか?
よくとっていてくれましたね。
野鳥の会エライ!
すっきりしていて、でもインパクトのある表紙ですね。

落葉松はまさしく今の季節にピッタリ。
見せて頂いて嬉しいです。

「驚きの明治工藝」展 、私も行きたくなったな。
10月29日~30日、仕事で東京に行くけど・・
どうにかして行かれないものかしら。算段してみよう。
Unknown (Unknown)
2016-10-21 00:03:37
閑おじ様

いいよなぁ、近い人は。
行く予定ではあるんだけど、コレが行けてないわけで。
宮川香山のワタリガニの壺は東博の常設で見たことあって
焼き物で良くやるなぁとか感心したものでしたが。

セミも自在置物も見てみたい。行けるとしても来週かな。

峰猫様

是非行ってご感想を!
土日は群馬まで行かねばならんし……
月末はちょっと遠くまで行くので準備もせにゃ。
と言ったところでして

そう言えばゴッホとゴーギャン展のチケットも有るしなぁ。

mimi様

ほんと野鳥の会よくとっといてくれてたもんです。

今ならパソコンで色なんか簡単に処理できるんですが
この頃はまだカラートーンとか言うもの(今でもあるか?)
を貼って色を出したりしてます。

そうですねぇ~落葉松の季節ですね。こちらには無いけど。
30日は東京ですか?何とか展覧会行けると良いですねぇ!

私は31日鹿児島から船に乗ります。さて何処まで?
閑おじ様、峰猫様、mimi様 (章魚庵)
2016-10-21 00:08:41
上のUnknown (Unknown)は章魚庵でした!分かるっちゅうねん!
近いんだけど・・・ (閑おじ)
2016-10-21 10:12:11
先月から行きたかったのですが、なかなか時間が取れなくて・・・
自転車で10分の距離なんですがね~

作品も凄いのですが、これを外人(台湾人)が一人で所有しているというのも凄い話です。

浮世絵にしても明治になって、日本人が余り関心を示さなかった物が、外人のコレクターによって収集され、保存された物が結構有りますよね!

昨夜、銭湯に行って、大ボケしてしまいました!
ガラガラで空いていたのですが、ロッカーに衣服を入れてカギをかけ・・・
風呂から上がって、ロッカーのカギを開けたら、中がカラッポ!
「盗まれた?」まさか・・・と思ったら、
カギのかかっていない隣のロッカーに入っていました!

そうです!服を入れた隣のロッカーにカギをかけていたのです!
いかりちどり (閑おじ)
2016-10-21 16:13:03
映像を見つけました!
http://www.angrybird-movie.jp/jp/

ちょっと違いますか~?
閑おじ様 (章魚庵)
2016-10-21 23:16:23
台湾人が持っているんですか?
見る目を持った奴が金持ってると結構凄いことになるみたいです。
もっとも浮世絵なんか陶器の包み紙だったから金なくても見る目があれば良かったかなぁ。

来週行けるかな?行きたいところですが、

昔、温泉の脱衣所で義父が「ないない!」って大騒ぎしたことありました。脱衣カゴの棚が何列かあって列を間違えてたみたい。裸で大騒ぎして結構恥ずかしかった〜のだ!

アングリーバードか〜!(≧∇≦)
こちらでは松方コレクション (う~む)
2016-10-21 23:29:40
・・・の展示が神戸市立博物館で開催されています。
(内容はネット上で見てください。)
日本人がコレクションしていた美術品もあるわけです。
ルノワール (閑おじ)
2016-10-23 10:14:04
今日は三菱美術館の「拝啓ルノワール先生」展を見てから、歌舞伎座へ行きます。
三菱はタダ券貰ったので・・・
ルノワール先生より、弟子?の梅原龍三郎の方が興味が有ります。

猫のお姉様は素早く、芸大美術館へ行かれた様ですね!何と重たい腰を上げるのの早いことか!
重たい腰は (そりゃあ)
2016-10-23 16:28:42
・・・は、よっこらしょ との かけ声とともに、やっと持ち上げてのことでありもそ
と(?)こんなこと書かそうとする、閑おじさんにはゲンコツ数発。。。
ルノワール先生は偉い! (閑おじ)
2016-10-24 09:41:21
見も知らずの、日本から来た20歳の若造の画家の玉子を面倒見てくれたのだから、凄いです!
当時ルノワールは爺さんで体調も悪く、梅原は何度か「このまま死んじゃうのではないか?」と思ったそうです。

ルノワールは多分自分もそう長くは生きられないであろうと思って、若い画家を育てたのではないかと思います。

日本に帰ってしばらくして、ルノワールの死を知った梅原は、ルノワールから貰った薔薇の絵を知人に売り、さらに自宅も売って、渡航費用にあてて、フランスへ行って墓参りをしたとか・・・

その後、日本で有名になって、金が儲かってから、ルノワールの作品を買い集め、それを西洋美術館や各所に寄贈したそうです。

ルノワールが弟子の一人ピカソについて「あんな変な絵は嫌いだ、あんなのを描いていちゃ駄目だ!」みたいな事を言っていたと言うのが面白かったです。

ピカソが友人の梅原に送った絵も有りました。

歌舞伎座では三田寛子さんに会いましたが、凄く痩て、お疲れの様でした。
来月が終わると関西での襲名興行が続くので、大変な商売ですね。
そう言えば (う~む)
2016-10-24 23:08:28
先日、京都へ行った時、南座の前を通ったのですが、
なぜか派手な看板類が上がっていず、その「襲名興行」の表示が
小さく出ていただけでした。
(三田寛子さんの旦那さんの・・・名前覚えられない。別世界の人で?)
・・・閑おじさんの言われるところのことかと思い当たりました。
う~む様、そりゃあ様、閑おじ様、う~む様 (章魚庵)
2016-10-24 23:41:20
う~む様

松方コレクションが上野の西洋美術館に
大原コレクションが倉敷の大原美術館に
川村コレクションが佐倉の川村美術館に
保木コレクションが千葉のホキ美術館に
なりました。
み~んなお金持ちです。多分!

そりゃあ様

クワバラ的発言には注意を的な……!なんのこっちゃ?

閑おじ様

いつもながら精力的ですねぇ。
日本では美術全集の第1巻はルノワールかボナール
だと言うのを聞いたことあります。
日本人はルノワールが大好きなのです。
私は食わず嫌いかも知れません……。

梅原龍三郎はどっちかというと好きです。
ルノワールがリューマチだって言うコマーシャルは
どこのでしたかねぇ?
関係ないけどうちの親父もリュウマチでした。

土日は群馬の玉原高原で紅葉狩りはしないで
ペンションで大学のサークルのOB会の飲み会でした。
ついでに吹割の滝に行って来ました。
ここはそこそこ人がいましたが紅葉にはちょっと早いみたいでした。
玉原高原のペンション村は紅葉まっただ中ですが
人は少なく寂しいかぎり。

う~む様

そう言われると、東京の歌舞伎座も大阪の歌舞伎座も
京都の南座も前は通ったことあるのですが……
そう言われると三田寛子さんの旦那の名前がにわかに出てこないわけですが
検索するのも面倒なのでこの辺で……
そこ! 聞こえてる! (峰猫)
2016-10-24 23:52:08
> 何と重たい腰を上げるのの早いことか!

余計なお世話です。
彫刻を題材とした作品に挑戦したので、見ておきたかったのです。
しか~し。
上野まで行かなくても、来年、川越でもやるみたいです。
検索して本日知りました。
峰猫様 (章魚庵)
2016-10-25 19:08:43
壁に耳あり、ブログに猫あり!か?
クワバラ桑原!
そうか来年は川越かぁって!
川越、上野より遠い(≧∇≦)
と言うことで、本日行ってきました。にょろニョロへび観てきました。閑おじさんオススメの蝉も見ました。あんな物を作っちゃう人たちはなんか変な人達でしょう(^_^)
ついでにゴッホとゴーギャン展も観てきました。今一的な作品(私的な見解です)が多いのに人は一杯!ショップに「ゴッホといえば龍角散」というポーチ売ってました!
クワバラ・クワバラ (う~む)
2016-10-25 20:11:48
・・・と一応(?)思ってみるものの、ゲンコツくらうべき大元の人は某おじさん
の方なので、本来そう恐れる必要はないはずなのですが?
カミナリと同じで近くにいると、ついでにやられてしまうでありませうか。

龍角散とかのギャグ(?)がイマイチなのと同様、ゴッホだゴーギャン
だと言っても、そのナマエで人を集めているようなものでしょうか。

ゴッホと言えば、何年か前にこちら方面でも展示されたことあって、
いそいそと出かけて「ヒマワリ」を見たこと記憶しています。
・・・事実上、絵そのものについての記憶は殆どなくて、「見たぞ!」という記憶
があるのみなのですが。
(壁いっぱいの大きさであったとは記憶。)

ゴッホのヒマワリ (閑おじ)
2016-10-26 10:06:04
新宿の「安田海上火災美術館」で見ましたが、そんなに大きい絵では有りませんでした。

58億円も出してあんな絵を買う位なら、保険金を「安ダ!」にしろ!(ダジャレで怒ると説得力に欠けるな~)

そう言えば、今夏の店の暑中見舞いは「ゴッホ風ひまわり」にしました。

ピカソ・岡本太郎・ゴッホ・歌川国芳・河鍋暁斉・・・
「天才」と言われる画家、作家はおしなべて多少なりとも狂っています。
才能が無い狂った奴はただの「気狂い」でしか有りません。

あの「蝉」を作った職人は「房州や」さんみたいな性格で、作るのが楽しくて仕方なく、ニヤニヤしながら彫刻刀を走らせていたのでしょう!
ゴッホの「ひまわり」 (う~む)
2016-10-26 18:21:08
・・・の絵の大きさについては、閑オジさんの言われる通りで、私の
思い違いであったと今さらながら気づきました。
(結局、何を見ていたのかワカラズ。ン億円の1億分の1をも得ず?)
・・・記憶の中に何故か白い壁面が浮かび、それがどうやら、絵の展示スペース
の壁面であったと思われることから、そのスペースの広さと混同しての思い違いであったようです。
つまるところ、絵をキチンと見ていず、「見に行った」事実の記憶しか残っていない
~という、なんとも、もったいないことであったのでした。(その事実だけは確実!)
ツマラン話で申し訳ありません。
その他省略にて。
う~む様、閑おじ様 (章魚庵)
2016-10-28 11:13:40
壁いっぱいの大きさのひまわりは良いと思う
印象が強すぎて大きく感じたのでしょうか?
今回の展覧会はひまわりもなくでした。

私もひまわりは新宿で見たと思います。
確か岸田劉生展のついでに常設のひまわりを見たのだと思います。
1976年にも西洋美術館でやったヴァン・ゴッホ展見たみたいです。
あまり記憶無いのだけど図録を買ってありました。
このときもひまわりはありませんでした。

驚きの明治工芸の自在置物は見ても面白いんだけど
やはり触りたいモンです。
昔の人は触らしてびっくりさせたんでしょうねぇ。
しかしとことん作り込んでいく感じはとてもよく分かる。
あそこまでは出来ないですが……。すごいわ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。